朝露

スギナ全体が朝露に包まれていた。

ここは三川村 たきがしら湿原。かつて限界集落があった。

集団移転後、暫くして回遊式の遊歩道が出来、現在は自然観察指導に持って来いの場所になった。

ただし、あまり知られていない。山深いこの場所まで目的が無ければまず来る人はいない。

この日はザゼンソウ、イワカガミの撮影が目的だった。

誰一人いない湿原の朝。霧が地を這う音が聞こえてきそうな静けさの中、目に映ったのは光り輝く無数の朝露。

水分をたっぷり含んだ水の玉。こぼれ落ちそうで落ちない。

張力を微妙に保っている。

180ミリレンズ  撮影年月日不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイヤをまとったナンキンハゼ

特別天然記念物カモシカ

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  3. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  4. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  5. “縄文田んぼ”に朝がきた

    今日26日は待ちに待った日曜日。娘は昨日の"音髭”を飛び跳ね…

  6. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。