朝露

スギナ全体が朝露に包まれていた。

ここは三川村 たきがしら湿原。かつて限界集落があった。

集団移転後、暫くして回遊式の遊歩道が出来、現在は自然観察指導に持って来いの場所になった。

ただし、あまり知られていない。山深いこの場所まで目的が無ければまず来る人はいない。

この日はザゼンソウ、イワカガミの撮影が目的だった。

誰一人いない湿原の朝。霧が地を這う音が聞こえてきそうな静けさの中、目に映ったのは光り輝く無数の朝露。

水分をたっぷり含んだ水の玉。こぼれ落ちそうで落ちない。

張力を微妙に保っている。

180ミリレンズ  撮影年月日不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイヤをまとったナンキンハゼ

特別天然記念物カモシカ

関連記事

  1. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

  2. 真冬の岸壁に鮮烈カラー

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f2.8s NikonF…

  3. ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないと…

    クソ暑い!(いま!今日!25日!)*冒頭写真は19日夏真っ盛…

  4. 青い背中

     スズメやムクドリには申し訳ないがカワセミはやはりキレイ。初めてこいつを覧た…

  5. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  6. ドクダミへの想い

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  7. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  8. まるで宝石!

    息を呑む・・溜め息がでる・・ウットリする・・声も出ない・・図鑑でしか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。