朝露

スギナ全体が朝露に包まれていた。
ここは三川村 たきがしら湿原。かつて限界集落があった。
集団移転後、暫くして回遊式の遊歩道が出来、現在は自然
観察指導に持って来いの場所になった。
 ただし、あまり知られていない。山深いこの場所まで目的が
無ければまず来る人はいない。
 この日はザゼンソウ、イワカガミの撮影が目的だった。
誰一人いない湿原の朝。霧が地を這う音が聞こえてきそう
な静けさの中、目に映ったのは光り輝く無数の朝露。
水分をたっぷり含んだ水の玉。こぼれ落ちそうで落ちない。
張力を微妙に保っている。
  180ミリレンズ  撮影年月日不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダイヤをまとったナンキンハゼ

特別天然記念物カモシカ

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

  3. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  4. 村の鎮守 トラフズク

    旧中条町(現:胎内市)、小さな神社境内での撮影です。町内の人達が静かに見守…

  5. 飛び立つ白鳥

     晴れた朝、気温が下がり、霧が出始めた中、朝陽が一面に差し込んできて、鳴き…

  6. キジの横睨み

     以前に掲載したオスのキジと同じ個体だろうか。ほぼ同じ場所で見かけ,ホロ打ち…

  7. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  8. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。