タマゴな水芭蕉

撮影の実際

汚れがない。清楚でドキッ。若さにクラッ。アンタみたいな心になりたい。

5月の時期にこんなにもキレイな水芭蕉に出会えるなんて予想もしていなかったから思わず足を止めて見入ってしまいました。隙もない佇まいだ。

トウモロコシのブツブツを小さくした黄色いゴマみたいなヤツ、これが水芭蕉の花。それが沢山集まっている中央のわさびみたいなもの、これが花序(かじょ)。

「じゃあ、なんだね。白いのは?」

それが仏炎苞(ぶつえんほう)。花序を包み込む葉っぱみたいなもんだ。お坊さんの法衣の中で、このような形の物があるらしい。名前はそれに関係する。

タマゴに見えるんだな

しゃがんでいろんな角度から観てみても、シミ一つない。ないと余計に粗探しを始めるのが人の常だが、嫉妬してしまうほどにない。

「こりゃあ、立派だわ」とカメラを取りだして、いろいろアングルを探してみた。

縦位置・・・んん・・・。アチラ側から眺めたい・・立ち入り禁止・・・そんなことより目にしたまんまがいいんじゃないの・・。

そんなわけで、ずずずと近づいて、1/2等倍のギリギリ辺りで撮ってみた。白い葉っぱがやんわりボケて何だかタマゴに見えてきた(阿賀町・たきがしら湿原)。

カメラの露出値

NikonF5は測光に定評があるが、それは最新の“D”タイプレンズと組み合わせた時だけで、昔ながらの電気接点のないマニュアルレンズとの組合せは“勘”がいる。

私の場合は中央部重点測光で統一していて、被写体に応じて補正をかけている。NikonF3に慣れ親しんだ方なら分かると思うが、あれほどスポット性はない。

今回のこの水芭蕉の場合、この構図で1段と1/3ほどオーバー側でシャッターを切っている。残りフィルムがわずかで、2カットでやめた。いずれも同じ露出値。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  5月5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雨降り前の鳥屋野潟

ふたりなひとり

関連記事

  1. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  2. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  3. 緑の血潮

    阿賀町・たきがしら湿原♬・・手のひらを太陽に すかしてみればまっかに流れ…

  4. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  5. 赤谷・連続洞門

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  6. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  7. チョウトンボ

    アヤメなんだか菖蒲なんだかよく分かりませんが、その葉っぱ、いや茎?の根元近く…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。