ショウジョウ花火

ショウジョウバカマの春花火を打ち上げてみました。

「夜空に花開く尺玉・・」を意識していますが、一発では寂しいか。あれ? 待てよ。打ち上げ花火でなく、こりゃあ線香花火そのものだ。

写真を掲載しておいて、こんなこと言うのは何だが、撮影時は確かに「打ち上げ花火」に見えたんだがな~。

後日、この個体ではないが「春・尺玉連発」を撮影している。フィルムは冷蔵庫の中で、まだ現像に出していないけど。

今日5日は定期検診で会社を休んだ。8時半からなので早朝は福島潟。午前中の遅い時間から関川村・鷹巣経由諸上寺公園とカタクリ詣した。

それで、早朝の福島潟。久しぶりに霧が沸き立ちました。山の端が朱色に染まり、木々が霧の中に消えてゆく。平日なのに人多し。

関川村は風多し。カタクリは蕾多し。2日に来た時より雪少なし。

かたや諸上寺公園はキクザキイチゲ、カタクリ共にわんさか咲いていた。エンレイソウの群落も普通に斜面にドカッ。そうだ、ここでギフチョウを見た!

山懐と海岸端とではこうも咲具合に違いがあるのですね。驚きです。 

しばし高台から粟島方面を望むも、何処だ~。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  4月1日撮影

*ショウジョウバカマの色合いですが東芝・DynaBookのモニター画面とポジ原板を見比べています。ほぼ一緒です。淡い桜色でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ネコの“指先”

すぐそこにある春

関連記事

  1. まるで宝石!

    息を呑む・・溜め息がでる・・ウットリする・・声も出ない・・図鑑でしか…

  2. 追憶

    t-max100 cosina voigtlander ultron 40f…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  5. 葉陰のヨシゴイ

     ”瓢湖”と言えば冬の使者”白鳥”をイメージしたくなるが夏鳥達の楽園でもあり…

  6. 雨蛙・祈りの時間

    『梅雨待ち雨蛙』をイメージして撮影に出掛けたが、『梅雨待ち』というよ…

  7. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  8. きのこの子?

     キノコの名前は全く分からない。ナメコ汁は家でよく食べるが、もし袋詰めされて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。