赤と黒の鳥屋野潟

 藪の中で人影が動いているとなると間違いなく不審者扱いされる。
4時前、出来るだけ目立たないように静かに朝焼けを待ってみました。
 チャポン・・チャポンと水面が何やら波打っている。目を凝らしてみると
魚の背びれが見えたり見えなかったり。ピチャピチャ・・今度はすぐ近くから。
何だろうと音のする方を覗き込むとクサガメが死んだ魚を食べている。
突然、キジがけたたましい羽音を立てて私の頭上をかすめてもいきました。
真っ白い猫が前足を揃えてこっちを見ているではありませんか。
 一人だけで心細いせいか周りで発する微かな音にも敏感に反応してしまいます。
音が皮膚から染み込んできて耳元で共鳴しているような感じ。
 遠く山の端がじわりと赤味を帯びて色彩が変化してきました。
その様はさしずめ、黒い闇が赤く塗られていくかのよう。
 可能な限りスローシャッターで感光時間を長めにとってみました。
「赤」をよりダイナミックに表現するためです。でもブレは大丈夫かな。
 ベルビア100 35ミリレンズ nikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧の鳥屋野潟

「あやめ」「カキツバタ」「花菖蒲」ホントは何?

関連記事

  1. 鳥屋野潟・くすむ青

    本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。早めに起きていながら雲が多くて、…

  2. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  3. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲き…

  4. Like Ink wash painting  …

    RICOH・GRⅢ8月の上旬に撮影してる。RAWモードで撮影してて、JP…

  5. 清まし顔の黄花かな

     鳥屋野潟公園「流れ」の小径沿いですね。この公園は散歩にジョギングにバードウ…

  6. 紅一葉

    今年は紅葉をあまり撮らなかった。なんとなく苦手なせいもある。…

  7. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

  8. 狐色の実

    振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。