これもカマキリの卵なの?

樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?

福島潟周辺のハンノキで見かけていましたが、カマキリの卵鞘(らんしょう=卵がたくさん入った塊)と気がつくまで、長らく時間がかかってしまいました。

よく目にしていたスポンジ状の丸いのはオオカマキリのそれで、写真のように真ん中が膨らんで両脇に2本の筋が5㎝前後にダラリと、垂れている卵鞘はチョウセンカマキリのそれだというのです。

樹皮や枝に多く見られるのが特徴で、ちょっと小さく黒ずんだかまぼこ形の卵鞘はハラビロカマキリである・・と図鑑にも載っている。

これら三種類の卵鞘は珍しいものでもなく、事実、鳥屋野潟公園とここ福島潟で容易に確認出来るのであるが、“カマキリの卵”というと、どうしてもあの大きさ、あの形、そして枝に絡みついている・・そんなイメージが出来上がっているから、受け容れ難いものがある。

固定化された考えや、幼い頃に馴染んだ映像に若干の修正を加える・・・簡単なようで、なかなか難しいんだな。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 1月8日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

湖上の白鳥

ロウバイ・雫花

関連記事

  1. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  2. キタテハ 斬る!

    タカアザミの隠し所でお休み中の蝶は・・キタテハの秋型タイプ。雨風を凌ぎやす…

  3. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

  4. RICOH・GRⅢx 前ボケ突っ込み撮り

    RICOH・GRⅢxGRⅢxではこんな風にも撮れる。これまで撮…

  5. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  6. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  7. RICOH GRⅢx と 夜明け前の一本の木

    RICOH・GRⅢx画角は35㎜版フィルム換算で40㎜相当。GRⅢxが4…

  8. 霧の中のハンノキ その2

     さらに霧のハンノキをもう1枚。前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。