これもカマキリの卵なの?

樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?

福島潟周辺のハンノキで見かけていましたが、カマキリの卵鞘(らんしょう=卵がたくさん入った塊)と気がつくまで、長らく時間がかかってしまいました。

よく目にしていたスポンジ状の丸いのはオオカマキリのそれで、写真のように真ん中が膨らんで両脇に2本の筋が5㎝前後にダラリと、垂れている卵鞘はチョウセンカマキリのそれだというのです。

樹皮や枝に多く見られるのが特徴で、ちょっと小さく黒ずんだかまぼこ形の卵鞘はハラビロカマキリである・・と図鑑にも載っている。

これら三種類の卵鞘は珍しいものでもなく、事実、鳥屋野潟公園とここ福島潟で容易に確認出来るのであるが、“カマキリの卵”というと、どうしてもあの大きさ、あの形、そして枝に絡みついている・・そんなイメージが出来上がっているから、受け容れ難いものがある。

固定化された考えや、幼い頃に馴染んだ映像に若干の修正を加える・・・簡単なようで、なかなか難しいんだな。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 1月8日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

湖上の白鳥

ロウバイ・雫花

関連記事

  1. Spur Silversalt Dev.でモノク…

    NikonF3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro …

  2. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。躰は今…

  3. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を…

  5. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  6. W杯/日本対ベルギー ハーフタイムの福島潟

    縞模様の曇がたなびいている。北から南へ、幾筋も。でも、頭の中はワールドカ…

  7. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。この…

  8. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。