抜け殻に想う

昨年夏の終わり頃から気になっていて、何度も様子を伺いに来ていた。

なかなか剥がれ落ちない葉っぱとそれにしがみつくセミの抜け殻は、生きた夏の間に、なにか大きな忘れ物をしてしまって、あとでコッソリ取りに来るための目印に思えてくるのです。

仲間の葉っぱや抜け殻が秋が深まりやがて冬がやって来て、次々に剥がれ落ちていくのに、なにをそんなに執着しているのかなどと、考えてしまう事もありました。

12月に入りロウバイの花芽がまん丸に膨らんでくる頃には、「この姿のまま雪をいただけば、セミの化身にして本望かな」などと哲学めいた事すら考えるに至りました。

「雪が舞い落ちる様を観てみたい」「春の息吹を感じたい」

セミはそんな願いを抜け殻に託したのかな、などと想うのです。

写真は12月末に確認に行った際、「もはやこれまでかな」と感じて撮影しておいたもの。葉が濡れて重みを増してきたようです。

この構図で花が咲き、さらに雪が積もる姿を想像してはチャンスを伺っていましたが、年が明けて見に行くと、跡形もありません。

セミも私も思い描いた夢は正夢とはいきませんでした。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 昨年12月暮撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冷え込む

鳥屋野潟・Gradation

関連記事

  1. ビッグスワンXmas・version/UFO

    2015年12月9日(水)撮影 (題名も文面も一部変更)カナ…

  2. Ricoh gr3x 書き込みエラーか?撮ったは…

    RICOH・gr3写真は昨日1日の。どうでもいいけど、寝過ごしてる。…

  3. バルタンな顔・アブラゼミ

    結果、本日の1枚となろうか。この記事を書いている現時点で傍らにビール…

  4. 9月の雨に濡れた曼殊沙華をモノクロで撮影する・R…

    RICOH・GRⅢ万曼珠沙華が咲き出した。彼岸になれば必ず姿を見せる…

  5. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上に…

  6. 広がる朝焼け/鳥屋野潟

    台風の影響か、夜明け前からムッとする南風が時折吹いて、その度に岸辺から沸…

  7. 日の出直後の鳥屋野潟

    2015年6月7日(日)撮影 前回掲載写真の続きです。同じ構図でも日の出の前…

  8. 新潟市に初雪を観測した翌日は小春日和な一日・Ri…

    gr3x昨日12月2日、新潟市に雪が降った。初雪だ。誰が見ても、「積…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。