抜け殻に想う

昨年夏の終わり頃から気になっていて、何度も様子見してました。

なかなか剥がれ落ちない葉っぱとそれにしがみつくセミの抜け殻は、生きた夏の間に、なにかやり残したものでもあるかのように感じます。

仲間の葉っぱや抜け殻が秋が深まりやがて冬がやって来て、次々に剥がれ落ちていくのに、なにをそんなに執着しているのかなどと、考えてしまう事もありました。

12月に入りロウバイの花芽がまん丸に膨らんでくる頃には、「この姿のまま雪をいただけば、セミの化身にして本望かな」などと哲学めいた事すら考えるに至りました。

「雪が舞い落ちる様を観てみたい」「春の息吹を感じたい」

セミはそんな願いを抜け殻に託したのかな、などと想うのです。

写真は12月末に確認に行った際、「もはやこれまでかな」と感じて撮影しておいたもの。葉が濡れて重みを増してきたようです。

この構図で花が咲き、さらに雪が積もる姿を想像してはチャンスを伺っていましたが、年が明けて見に行くと、跡形もありません。

セミも私も思い描いた夢は正夢とはいきませんでした。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 昨年12月暮撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冷え込む

鳥屋野潟・Gradation

関連記事

  1. 水面の目覚め

    撮影の実際穏やかな水面に朝焼けが映えて、魅せられてしまいました。目を凝ら…

  2. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

  3. 深緑と江戸紫

     葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、何とし…

  4. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  5. 光る雲

    2015年5月30日(土)撮影 早朝の上沼橋。既に先客が二人。準備している間…

  6. ちょっと待った!カマキリ

    8月下旬頃からカマキリをよく見るようになった。時期的に彼らの生活上、大きな…

  7. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  8. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。