春待つシジュウカラ

迎春 本年も宜しくお願いいたします。

「酉年」ということで、昔、せっせと撮っていた野鳥写真を掲載した。

これはシジュウカラの♂。胸の黒のネクタイが太いからすぐ見分けがつく。

サッと来て、チョコチョコと動き回るので、ピント合わせが至難の業。ピントを外してしまったり、ブレてしまうのが当たり前なくらいだった。

それでも「なんとしてもモノにしたい」という欲求を止める事は出来ず、ダメフィルムを連発した挙げ句、撮っても現像に出す金も工面できない事態に陥ってしまったのだった。

いま、デジタルカメラを持っていて、オートフォーカスでバシッと、決められるならどんな風に撮っているのかな、なんて思ったりする。

とにもかくにも、野鳥にはずいぶんと振り回されて痛い目に遇った。本気になればなるほど、泥沼にドップリ嵌まりこんでしまう魔力がある。

RVP(+1増感処理) 600㍉ NikonF3   24、5年前の撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みんな霧のなか

yellow tower

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. ルリタテハ / 翅裏は・・?

    タテハ蝶の仲間、ルリタテハ。表の翅は濃紺の下地に瑠璃色のラインが鮮烈なま…

  3. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ…

  4. 姫猩猩

    葉を広げた直径で約100㎜、花の大きさは10㎜あるかないかだろう。昨…

  5. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこ…

  6. 元旦の朝・胎内市

    RICOH・GRⅢこの写真も元旦の朝に撮影してる。昨年末に『残像』と…

  7. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これ…

  8. たぶん『山際 藤子』のポートレート

    山藤(野藤)にしては花房が長いみたいな。でも此所は山の際。花…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。