春待つシジュウカラ

迎春 本年も宜しくお願いいたします。

「酉年」ということで、昔、せっせと撮っていた野鳥写真を掲載した。

これはシジュウカラの♂。胸の黒のネクタイが太いからすぐ見分けがつく。

サッと来て、チョコチョコと動き回るので、ピント合わせが至難の業。ピントを外してしまったり、ブレてしまうのが当たり前なくらいだった。

それでも「なんとしてもモノにしたい」という欲求を止める事は出来ず、ダメフィルムを連発した挙げ句、撮っても現像に出す金も工面できない事態に陥ってしまったのだった。

いま、デジタルカメラを持っていて、オートフォーカスでバシッと、決められるならどんな風に撮っているのかな、なんて思ったりする。

とにもかくにも、野鳥にはずいぶんと振り回されて痛い目に遇った。本気になればなるほど、泥沼にドップリ嵌まりこんでしまう魔力がある。

RVP(+1増感処理) 600㍉ NikonF3   24、5年前の撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みんな霧のなか

yellow tower

関連記事

  1. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大…

  2. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  3. 野菜屑とホオズキ

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  4. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  5. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  6. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  7. 埠頭・新潟東港

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3…

  8. 水玉とキイトトンボ

    近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。