開花後のカタクリ

2012年4月24日

 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あり。

晴れ。無風。頂上部分は雲で見えず。

 山頂を目指す訳でなく、リュックのほかにカメラを担ぎ

片手に小型三脚ときわめて不安定なスタイルで登山開始。

 すぐに可憐な雪割草がお出迎え。ただし、規制線の中、それも奥。

距離があるから撮影には不向き。ながめてやり過ごす。

 歩を進めるその一足ごとに大気は湿り気を帯びやがて霧が立ち込めてきた。

道中はクロツグミ、キビタキ、オオルリのさえずりが

頭上から降り注いでいたはずなのに、いつの間にかその声は薄れ、

霧の奥の方からトラツグミ、そしてアオバトの鳴き声にとってかわった。

 花の時期を無事終え、柱頭が露わになったカタクリを撮影した。

このあとも種子からはフェロモンを出してアリを呼び寄せ、子孫を広範囲に

運んでもらう重要な役目がたくさんのこっている。

 しゃがみこんで鼻を近づけ臭いを嗅いだが全く分からない。

袋が破けて種子が飛び出した頃にならないと無理か。

 55ミリマクロレンズ、ニコンF5、ベルビア100。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春待つカタクリ

霧の福島潟

関連記事

  1. 元旦の朝・胎内市

    RICOH・GRⅢxRICOH・GRⅢxを手にとってみた。外観・・GRⅢ…

  2. 春花火

    2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢民家が向かい合う狭い路地を進む…

  3. 冬想う 夏のヒマワリ

    夏の花「ヒマワリ」をアップした。3月に入ったものの寒さが一段…

  4. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

  5. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  6. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

  7. 人知れず咲く花の名は?

    2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰…

  8. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。