開花後のカタクリ

2012年4月24日

 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あり。

晴れ。無風。頂上部分は雲で見えず。

 山頂を目指す訳でなく、リュックのほかにカメラを担ぎ

片手に小型三脚ときわめて不安定なスタイルで登山開始。

 すぐに可憐な雪割草がお出迎え。ただし、規制線の中、それも奥。

距離があるから撮影には不向き。ながめてやり過ごす。

 歩を進めるその一足ごとに大気は湿り気を帯びやがて霧が立ち込めてきた。

道中はクロツグミ、キビタキ、オオルリのさえずりが

頭上から降り注いでいたはずなのに、いつの間にかその声は薄れ、

霧の奥の方からトラツグミ、そしてアオバトの鳴き声にとってかわった。

 花の時期を無事終え、柱頭が露わになったカタクリを撮影した。

このあとも種子からはフェロモンを出してアリを呼び寄せ、子孫を広範囲に

運んでもらう重要な役目がたくさんのこっている。

 しゃがみこんで鼻を近づけ臭いを嗅いだが全く分からない。

袋が破けて種子が飛び出した頃にならないと無理か。

 55ミリマクロレンズ、ニコンF5、ベルビア100。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春待つカタクリ

霧の福島潟

関連記事

  1. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  2. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  3. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  4. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  5. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  6. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  7. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。