開花後のカタクリ

この記事は1分で読めます

2012年4月24日

 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あり。

晴れ。無風。頂上部分は雲で見えず。

 山頂を目指す訳でなく、リュックのほかにカメラを担ぎ

片手に小型三脚ときわめて不安定なスタイルで登山開始。

 すぐに可憐な雪割草がお出迎え。ただし、規制線の中、それも奥。

距離があるから撮影には不向き。ながめてやり過ごす。

 歩を進めるその一足ごとに大気は湿り気を帯びやがて霧が立ち込めてきた。

道中はクロツグミ、キビタキ、オオルリのさえずりが

頭上から降り注いでいたはずなのに、いつの間にかその声は薄れ、

霧の奥の方からトラツグミ、そしてアオバトの鳴き声にとってかわった。

 花の時期を無事終え、柱頭が露わになったカタクリを撮影した。

このあとも種子からはフェロモンを出してアリを呼び寄せ、子孫を広範囲に

運んでもらう重要な役目がたくさんのこっている。

 しゃがみこんで鼻を近づけ臭いを嗅いだが全く分からない。

袋が破けて種子が飛び出した頃にならないと無理か。

 55ミリマクロレンズ、ニコンF5、ベルビア100。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。