レトロな朝/福島潟

あらら・・やってしまったかな・・とちょっとは思ったが、じっくり眺めているうち、レトロな雰囲気があるようで掲載した。

レンズの周辺光量不足とプロテクターフィルターの内面反射の影響だろうとは思うが、結果オーライならヨシ!とした(単純な男である)。

撮影日は18日で、この日は代休。

『夜明けの岸辺』と同じ構図でなんとしても霧の絵が欲しいもんだと考えていたが早くも実現できて、ニコニコしながら岸辺に立っていた。

ただ、この写真、ファインダーを覗いても太陽光線で何も見えない!

内蔵露出計のインジケーターはどの辺りを示しているかも判りません。

レンズの絞りを8に固定して幅広くシャッタースピードを変えてみたが、大体はアンダー目に傾いた嫌いがある。

肝心の霧だが、夜明け前のほうがよほど盛大だったみたい。

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s  NikonF5  11月18日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霧潟

霧の船着き場

関連記事

  1. 初冬の福島潟にて

     福島潟5時40分着。 6時になっても暗い。風はさほどなく寒さを感じない。 …

  2. キタテハ 斬る!

    タカアザミの隠し所でお休み中の蝶は・・キタテハの秋型タイプ。雨風を凌ぎやす…

  3. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がな…

  4. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  5. 夜の竜巻ハウス

    早朝6時過ぎに到着。竜巻ハウスに照明が灯っている。「ガン観察…

  6. 緑の滑り台

     辺りがプワ~と明るくなったのに、草陰で滑り台遊びに興じるヤマトシジミ。ホン…

  7. 山なみ映す福島潟

     “福島潟”と言えば誰もが思い浮かべる定番の風景。竜巻ハウスからまっすぐ岸辺…

  8. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。