タカアザミに姫・ヨーロッパでは『旅をする蝶』らしい


垂れ下がったタカアザミの花で吸蜜中のヒメアカタテハ。

公園で一喜一憂しながら撮影したのであるが、この蝶が世界的に分布しているタテハ蝶の仲間とは知らなかった。ヨーロッパでは北極圏近くから西アフリカ辺りまで壮大な移動を繰り返しているらしい。

北国に住んでいる地元民の間では秋が近づくと姿を消す謎の蝶と代々伝えられている。忽然と消えた理由は長旅に出発したからなんですね。集結地、日時はどうなってんのかな。

撮影

観察してるとタカアザミの吸蜜に来てるんだね。こんな時は警戒心が薄れるから、ある程度は彼らに寄れる。だから頭の中にイメージした構図の通りの位置取りができる。

背景が煩わしくない位置とか、そんなこと。

問題はピント合わせだ。マニュアルレンズだからピント合わせは手動。レンズの鏡胴を左右小刻みに回して、ピン位置を煮詰めていく。それが、動く被写体相手では至難の業。

置きピンで対処する。微調整はもはや感覚だな。

当たれば儲けもん、外れればそれまでよ・・実際、ああだ、こうだと考える時間ない。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 11月5日撮影
*トリミングは加えていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

黄色いブーケで着飾ったイナゴのポートレート

霧潟・家族の前で「御意!」と言わないほうが身のためだ

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  5. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  6. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。