タカアザミに姫

垂れ下がったタカアザミの花で吸蜜中のヒメアカタテハ。

公園で見かけ一喜一憂しながら撮影したのであるが、世界的に分布しているタテハ蝶とは知らなかったなぁ。

ヨーロッパでは北極圏近くから、西アフリカ辺りまで壮大な移動を繰り返している・・と、ものの報告書に記されていた。

北国に住んでいる地元民の間では秋が近づくと姿を消す謎の蝶とも言われていたが、忽然と消えた理由はそれだった・・。

写真のことばかり考えていたんだな。

ピントはどう合わせようとか、構図はどうしようとか。

それはそれで大事なことなんだが、撮ってしまえば、ハイ終了。

これでは被写体になってくれたモデル達にちょっと申し訳ないね。

より詳しくその生態を知ろうとする本質が必要であるのに、行き当たりばったりで行動しているんだな・・大いに反省する。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 11月5日撮影

*トリミングは加えていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

早く撮ってくれよ~

霧潟

関連記事

  1. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  2. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

  3. レモンイエロー

     陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  4. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  5. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  6. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

  7. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  8. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。