タカアザミに姫

垂れ下がったタカアザミの花で吸蜜中のヒメアカタテハ。

公園で見かけ一喜一憂しながら撮影したのであるが、世界的に分布しているタテハ蝶とは知らなかったなぁ。

ヨーロッパでは北極圏近くから、西アフリカ辺りまで壮大な移動を繰り返している・・と、ものの報告書に記されていた。

北国に住んでいる地元民の間では秋が近づくと姿を消す謎の蝶とも言われていたが、忽然と消えた理由はそれだった・・。

写真のことばかり考えていたんだな。

ピントはどう合わせようとか、構図はどうしようとか。

それはそれで大事なことなんだが、撮ってしまえば、ハイ終了。

これでは被写体になってくれたモデル達にちょっと申し訳ないね。

より詳しくその生態を知ろうとする本質が必要であるのに、行き当たりばったりで行動しているんだな・・大いに反省する。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 11月5日撮影

*トリミングは加えていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

早く撮ってくれよ~

霧潟

関連記事

  1. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  2. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  3. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  5. 光芒

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f2.8s Nik…

  6. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  7. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  8. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。