タカアザミに姫

垂れ下がったタカアザミの花で吸蜜中のヒメアカタテハ。

公園で見かけ一喜一憂しながら撮影したのであるが、世界的に分布しているタテハ蝶とは知らなかったなぁ。

ヨーロッパでは北極圏近くから、西アフリカ辺りまで壮大な移動を繰り返している・・と、ものの報告書に記されていた。

北国に住んでいる地元民の間では秋が近づくと姿を消す謎の蝶とも言われていたが、忽然と消えた理由はそれだった・・。

写真のことばかり考えていたんだな。

ピントはどう合わせようとか、構図はどうしようとか。

それはそれで大事なことなんだが、撮ってしまえば、ハイ終了。

これでは被写体になってくれたモデル達にちょっと申し訳ないね。

より詳しくその生態を知ろうとする本質が必要であるのに、行き当たりばったりで行動しているんだな・・大いに反省する。

 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 11月5日撮影

*トリミングは加えていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

早く撮ってくれよ~

霧潟

関連記事

  1. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  2. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  3. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  4. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  5. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  6. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  7. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。