キチョウの囁き・マニュアル露出、決まりましたぁ~!

現像上がりのスリーブをビューアーにひろげるまでハラハラしてました。

写真をかじった方ならお解りだろうが、構図の半分以上が黄色で占めている。

カメラはF5でも装着レンズは電気接点のない昔ながらのマニュアルタイプ。はて?露出値はどんな風に致しましょ・・と考え込んでしまいました。

測光モードは中央部重点測光で、出目数値のままでは仕上がりはアンダー。この構図で測光して、さらに1段分オーバー目に露出をかけてみたが正解だった。

プラス1段を基準に光り周りの強弱に応じ±1/3でいくつか撮ったがハズレはない。

ミヤマアカネの撮影ではフィルム2本と現像代をどぶ川に捨てたようなもので、いざ、撮影する段になって、その時のほろ苦い経験を思い出してしまった。

自らの花序の重さに堪えきれず、頭を垂れたセイタカアワダチソウ。

アキノキリンソウと同じアキノキリンソウ属なのに外来種、駆逐植物と言われ続けているんだな。なぜか「かわいそう」との感情が沸いてこない。

その理由の一つが強靱な生命力であり繁殖力なんだろうな。

でも・・でも・・生きているあいだ、そう言われ続けるなんて不憫だな。

そう思うと、ぶら下がったキチョウの魂にも慈愛めいた“ゆらぎ”があって、それが花序全体を優しく包み込んでいる風に感じないでもありません。

「大丈夫、オイラがそばにいてあげるから・・」

キチョウのそんな囁きが聞こえてきそうな昼下がりでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  10月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ひょうもんあざみ

赤玉の嘆き

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. レモンイエロー

    陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  3. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。その赤…

  4. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空…

  5. アキアカネは夢の中・社長室でステテコの夢を見たワ…

    寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  7. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求…

  8. 福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販…

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。