キチョウの囁き

現像上がりのスリーブをビューアーにひろげるまでハラハラしてました。

写真をかじった方ならお解りだろうが、構図の半分以上が黄色で占めている。

カメラはF5でも装着レンズは電気接点のない昔ながらのマニュアルタイプ。はて?露出値はどんな風に致しましょ・・と考え込んでしまいました。

測光モードは中央部重点測光で、出目数値のままでは仕上がりはアンダー。この構図で測光して、さらに1段分オーバー目に露出をかけてみたが正解だった。

プラス1段を基準に光り周りの強弱に応じ±1/3でいくつか撮ったがハズレはない。

ミヤマアカネの撮影ではフィルム2本と現像代をどぶ川に捨てたようなもので、いざ、撮影する段になって、その時のほろ苦い経験を思い出してしまった。

自らの花序の重さに堪えきれず、頭を垂れたセイタカアワダチソウ。

アキノキリンソウと同じアキノキリンソウ属なのに外来種、駆逐植物と言われ続けているんだな。なぜか「かわいそう」との感情が沸いてこない。

その理由の一つが強靱な生命力であり繁殖力なんだろうな。

でも・・でも・・生きているあいだ、そう言われ続けるなんて不憫だな。

そう思うと、ぶら下がったキチョウの魂にも慈愛めいた“ゆらぎ”があって、それが花序全体を優しく包み込んでいる風に感じないでもありません。

「大丈夫、オイラがそばにいてあげるから・・」

キチョウのそんな囁きが聞こえてきそうな昼下がりでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 105 f/4s NikonF5  10月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ひょうもんあざみ

赤玉の嘆き

関連記事

  1. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  2. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  3. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  4. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  5. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  6. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  7. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。