露の蝶

画像はどこだ?

セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。
晴れて、気温が下がったせいか、翅に水滴がびっしりと付いていた。
水玉のドレスをまとったように見え、その美しさに目を奪われたが、
この蝶にとってみれば、「美しい・・? 冗談じゃ無いよ」が本音かな。
事実、びしょ濡れだから、動きたくても動けないのだろう。
逃れたくても、そのエネルギーが無い・・たまったもんじゃないな。
そんなわけで、発見したあとしばらく離れて待ってみた。
背景に陽が当たり始めた頃合いを見計らって近づいて、そ~とパシャ~。
三脚を改めてセットし直し、水平をとって、もう一度、パシャ~。
「絶対に邪魔しませんから~」とブツブツ祈りながら、またまたパシャ~。
RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 10月16日早朝撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キタテハ 秋型バージョン・『フィルムの落とし穴』その2

銀鼠・ウラギンシジミ

関連記事

  1. たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

    6日土曜日、鳥屋野潟の夜明けです。7月に入ってムムッとなる朝焼けがこ…

  2. 蝶の時間

    『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  3. 何じゃこりゃ その名は「オニフスベ」

    明け方まで雨が降る。気温20度、朝晩は涼しくなった。6時頃に雨があがり午…

  4. 鳥屋野潟また来年

    台風19号による被害、どんどん拡大してる。甚大な被害だ。過去のデータなん…

  5. 綿飴にオレンジ色したシロップが染み込んでいくよう…

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から)写真は6月29日の朝焼け。前日28日…

  6. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  7. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  8. 変幻自在な光の変化に圧倒された・Ricoh gr…

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。