露の蝶

 セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。
晴れて、気温が下がったせいか、翅に水滴がびっしりと付いていた。
水玉のドレスをまとったように見え、その美しさに目を奪われたが、
この蝶にとってみれば、「美しい・・? 冗談じゃ無いよ」が本音かな。
 事実、びしょ濡れだから、動きたくても動けないのだろう。
逃れたくても、そのエネルギーが無い・・たまったもんじゃないな。
 そんなわけで、発見したあとしばらく離れて待ってみた。
背景に陽が当たり始めた頃合いを見計らって近づいて、そ~とパシャ~。
三脚を改めてセットし直し、水平をとって、もう一度、パシャ~。
「絶対に邪魔しませんから~」とブツブツ祈りながら、またまたパシャ~。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 10月16日早朝撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キタテハ・秋型バージョン

銀鼠・ウラギンシジミ

関連記事

  1. 泣き出しそうな鳥屋野潟

    耐えられないくらい、たっぷり水分を含んだ大気に包まれている。雨がポツリと落…

  2. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  3. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  4. 鳥屋野潟また来年

    台風19号による被害、どんどん拡大してる。甚大な被害だ。過去のデータ…

  5. 私という暗黒物質

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8…

  6. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づか…

  7. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

  8. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。