露の蝶

 セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。
晴れて、気温が下がったせいか、翅に水滴がびっしりと付いていた。
水玉のドレスをまとったように見え、その美しさに目を奪われたが、
この蝶にとってみれば、「美しい・・? 冗談じゃ無いよ」が本音かな。
 事実、びしょ濡れだから、動きたくても動けないのだろう。
逃れたくても、そのエネルギーが無い・・たまったもんじゃないな。
 そんなわけで、発見したあとしばらく離れて待ってみた。
背景に陽が当たり始めた頃合いを見計らって近づいて、そ~とパシャ~。
三脚を改めてセットし直し、水平をとって、もう一度、パシャ~。
「絶対に邪魔しませんから~」とブツブツ祈りながら、またまたパシャ~。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 10月16日早朝撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キタテハ・秋型バージョン

銀鼠・ウラギンシジミ

関連記事

  1. 冬の きのこ

    この冬のキノコ、シイタケ? ヒラタケ? それとも他の種類でしょうか。触って…

  2. ニシシギとカメムシ?

    園内を歩いてすぐに色づいたニシキギにカメムシが多数とまっているのを発…

  3. 雲映す鳥屋野潟

     盆を過ぎた辺りから、朝晩は涼しくなったような気がする。早朝の潟の岸辺に立て…

  4. 秋 サンシュユの実-2

    2015年9月23日(祝)撮影 前回掲載した写真が午後のもので、これは朝に撮…

  5. 赤の刻

    16日の鳥屋野潟、夜明け前の姿です。Facebookでは当日にGRⅡで撮影…

  6. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  7. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  8. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。