露の蝶

 セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。
晴れて、気温が下がったせいか、翅に水滴がびっしりと付いていた。
水玉のドレスをまとったように見え、その美しさに目を奪われたが、
この蝶にとってみれば、「美しい・・? 冗談じゃ無いよ」が本音かな。
 事実、びしょ濡れだから、動きたくても動けないのだろう。
逃れたくても、そのエネルギーが無い・・たまったもんじゃないな。
 そんなわけで、発見したあとしばらく離れて待ってみた。
背景に陽が当たり始めた頃合いを見計らって近づいて、そ~とパシャ~。
三脚を改めてセットし直し、水平をとって、もう一度、パシャ~。
「絶対に邪魔しませんから~」とブツブツ祈りながら、またまたパシャ~。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 10月16日早朝撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キタテハ・秋型バージョン

銀鼠・ウラギンシジミ

関連記事

  1. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  2. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  3. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  4. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

  5. 朝焼けとワクチン接種と気になること

    RICOH・GRⅢ(21日撮影)朝焼けこの日以降、撮れば良かったぁ~…

  6. 何じゃこりゃ その名は「オニフスベ」

    明け方まで雨が降る。気温20度、朝晩は涼しくなった。6時頃に雨があがり午後に…

  7. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  8. たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

    6日土曜日、鳥屋野潟の夜明けです。7月に入ってムムッとなる朝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。