燃える鳥屋野潟

写真は10月3日月曜の鳥屋野潟の朝焼けを撮ったもの。

4月中旬から再開していた「出勤前の朝焼け撮影」だが、事実上、コレが今季期間中の最後の朝焼け写真となるかも。

朝焼けを待っていては会社の就業時間に間に合わなくなるため。

振り返って、今年は綺麗な朝焼けになかなかお目にかかれない。

現場でちょくちょく一緒に撮影する方や散歩するおばちゃん達も「今年は朝焼けがサッパリだよね~」と。私も同感である。

夕焼けはそれなりに綺麗な日があったのに何故なんだろう。

まあ、面倒な話は止めといて、この朝焼けはホントに極端でした。

遠く山の端がとんでもなく真っ赤。それが徐々に拡がっていくだろう・・と、予想したのだが、拡がりは写真のこの状態でストップ。

すると、見る間に色素を失っていきました。

空気が抜けた風船みたいにプシュ~となってしぼんでいく。

期待を持たせておいて、「やっぱ、ヤ~メタッ」みたいに。

RVP100 AI -Nikkor 35 f/2s NikonF5  上沼橋から

*この記事は予約投稿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ドッキリ・・蛾

キタテハ・秋型バージョン

関連記事

  1. 鳥屋野潟の目覚め

    今日の話晴れたり曇ったり、雨だと思っていたらいきなり雪嵐めい…

  2. 雪の声

    「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋った…

  3. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  4. 午前5時48分の鳥屋野潟

    本日16日、午前5時48分の鳥屋野潟。会社に間に合うかどうか、一か八…

  5. 雨雲

    ずっと遠く、山の稜線上で堰き止められた雨雲がだんだん折り重なって、地上と天井…

  6. 蝶の時間

     『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  7. ロウバイ、再挑戦

     ロウバイの写真、再挑戦です。朝、やんわり雪がちらつき、枝や葉に薄く積もって…

  8. 円形広場

    Kodak T-MAX100 cosina voigtlander ultr…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。