蝶の時間・種にはそれぞれ身体の表面積に応じた時間に生きている


『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。

身体の表面積に応じた時間がそれぞれあって、ゾウの心臓はゆっくりと、ネズミのそれは速く鼓動する。でもゾウもネズミも大概、20億程度打ったら停止する・・・目の前のベニシジミを観ていたら「蝶の時間ってどうなんだろう」と考えてしまう。

西陽を身体いっぱいに浴びてはいるが、それはあくまで観ているオイラの時間軸で考えているだけで、コイツにとっては「もうじき日が暮れる」なんて思ってもいない。

(思う・・と表記すること自体がおかしいのだが・・)

それともうひとつ、なんでこんなアクロバットな体勢がとれるのだろうか。

これも、どうしても“人間軸”で考えてしまうからだし、観るのに力が要る。

このへんのところも前述の書物の中、「小サイズの達人」の章でそれらしいヒントみたいなものが書かれているのだが・・・思考する過程で頭がこんがらかってきたぜ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月11日撮影

[ad#co-1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋雨と蟷螂・雨の伝う幹を何故にそんなに急いで登るのか?

ヤマトシジミ・Ai-Micro Nikkor100f4sが好きなのよ

関連記事

  1. 蝉時雨が風になって渉ってくる・Ricoh GRⅡ…

    gr2蝉時雨が湖面を舐めてくるみゅんみゅん・・波がささやいてるみ…

  2. ユスリカと朝焼け・飛び交う小さな虫を払いながらシ…

    2015年6月5日(金)撮影早朝4時前に上沼橋に到着。冷たい風が…

  3. 四国沖に台風21号接近中・燃えてる雲を見て「なん…

    4日、5時6分の鳥屋野潟。台風が接近している時の夜明けは、時としてこ…

  4. 鳥屋野潟モクモク・梅雨明け宣言を見送った理由をな…

    今日ようやく梅雨が明けた。その梅雨明けの日の朝を写真に収めようと目論ん…

  5. 秋色の風 鳥屋野潟・半分やっぱり赤い・Ricoh…

    仕事が忙しい。そうした状況を、頭を回転させたり柔らかくして、あたかも…

  6. blue moment・夜明けが近づき濃紺の空に…

    *記事は現在 写真は2014年5月撮影夜明け前のほんの数分間…

  7. 春三色・ケヤキの緑、八重桜のピンク・Ai-Nik…

    鳥屋野公園トリムの森。GWと言っても、カレンダー通りに休みを貰える訳…

  8. 全面結氷した鳥屋野潟・こちら側が唯一風の少ないエ…

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。