秋雨と蟷螂

 『蟷螂』・・何でこんな漢字?
読めても、書けない漢字である。
書けなくてもさして問題ないから、覚えようともしない。
『欅』・・何でこんな漢字?
読めても、漢字で書く気になれない。『ケヤキ』・・スッキリくる。
 頭上の葉という葉が雨粒を集め、枝という枝を伝い、幹を伝い、
流れとなって地面に染みこんでいく。

 その根本辺りで、ギョロリと、オイラを睨んだのはハラビロカマキリ。
朝から暗く、おまけに雨が降り出して、「さて、帰ろうか」と
駐車場に向かって歩いていて見つけた。
 しばらく、雨に濡れながら観察していると、幹を登ろうとしている。
さらにマジマジ覗き込むと、身体を仰け反らし、カマを持ち上げた。
「悪いな、悪いな」と一応は謝りながらも、少しだけ離れて、なおも見ていると、
こちらが邪魔なのか、幹の反対側へ回り込むような形で登り始めた。
身体を前後に揺すりながら移動を始めるその意味は判らんが、
その先には同系色の菌類がびっしりと幹周りにこびりついていて、
それが雨に濡れて、よさげな味わい。にわかに写欲が沸いてきた。
 雨の中、すかさずカメラをセット。樹皮の模様も表したいと、
レンズのF値を5.6半まで絞って、メンタマにピント合わせ、はいパシャリ。
・・・といきたいところが、なんとシャッタースピードは1/15秒。
とんでもなく、遅いスピードで半ば諦めで写真に収めたのでありました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月18日撮影
*レフを地面に置き三脚に立てかけている。
 露出はこの構図のまま計り、カメラの出目数値±0でいく。
*フィルム原版は綺麗な美しい緑であるが・・スキャンすると・・
 ピンも画像もイマイチになってしまう。どうすりゃいいんだ?
追伸:この雨の中の撮影がもとで、4日後辺りから風邪を引く。
無理をしたのがたたり、風邪は悪化。翌週はほぼ全休となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋雨と紋白蝶

蝶の時間

関連記事

  1. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  2. 桃色目玉

    とみとみのブログ、白(白花カタクリ)、緑(フキノトウ)ともってきたん…

  3. 主菓子

    目の覚めるような綺麗な苔で足を止めて見入ってしまった。午前中…

  4. 曼珠沙華・紅い花

    RICOH・GRⅢ万曼珠沙華が咲き出した。彼岸になれば必ず姿を見せる…

  5. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  6. 6月22日午前4時7分

    夏至を一日過ぎた22日の鳥屋野潟。太陽の位置はよく判らないけ…

  7. 水面色づく鳥屋野潟の夜明け

    先月27日の写真になります。「燃えさかる」朝焼けではありませんでしたが、水…

  8. マンサク花火

    晴れた日の九時台、風も無い。公園のマンサクの花を撮ってみた。花房みたいに異…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。