逆光にキラリ・蝶の名は?

草藪の中、ツユクサにまとわりついていたタテハの仲間をパシャリ。

足元がモジャモジャで、三脚を立てられず、手持ちで近づいたが逃げられた。

忙しなく動き回っているし、手持ちだし、マニュアルレンズだし・・と、撮ったとしてもブレブレだろうな・・・諦めの境地で眺めていた。

ところが葉陰越しに陽が射して、辺りがキラキラ輝きだし、翅も透けた。

たまらずダメ元でググッと前にせり出し、押さえにパシャリ。

さらにもう一発とばかり、一歩近づき、画角とピントを合わせていたが、何かの拍子に目を離した隙にもうそこにはいなくなっていた。

「どこだ、どこいった?」とキョロキョロ見渡すと彼は既に頭上高くヒラリ。

仲間が乱舞しているサワヒヨドリの花芽の方へ飛んでいったのでした。

数日後、現像が出来上がり、チェックしてみたら、1枚なんとかセーフ。

ただ、やはり中途半端な画角で、あと一歩近づいた時に覗いたあの姿はしばらく忘れそうもないな・・・あぁ・・残念!

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  9月4日撮影

*このタテハの仲間はキタテハの夏型バージョンと考えたがどうだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オレンジ・スワン

紅露草

関連記事

  1. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  2. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  3. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

  4. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  5. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

  7. 一本の木

    霧氷でキラキラ見えたんだけどなぁ~・・ポジ原板自体もそんなに輝いてい…

  8. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。