サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

 おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~
池の畔、背景のハンノキが朝陽を遮り、影を作ってくれていて、
そのせいで、陽の当たったフジバカマが浮かび上がって見えてくる。
 ああ・・いいな・・いいな・・と背景が一番スッキリする角度で
アプローチを試みては、三脚を出して、画角を煮詰めていく・・・
その過程で、おや?・・となった。
 フジバカマ・・だったっけ?・・・何か、違う感じ・・?
細い葉っぱに違和感を持ったまま、三脚を固定し、水平を確認し、
ファインダーを覗いて、マニュアルでピントを合わせ、また外し・・・
 やっぱ、違うわ・・そう思いながらも名前が浮かんでこない。
本来はイナゴちゃんが主役なんだが、頭の中は植物のことだらけ。
レリーズ握った右手でピントを調整しながら、左手でレフを持って、
パシャリ、パシャリ撮り重ねていくが、三脚の雲台が貧弱で、だんだん傾く。
これではいけないと、中腰になったところで、イナゴちゃんが茎を軸に
オイラから見えない死角に回り込んでしまい、そこでthe endとなった。
 帰宅後、記憶を頼りに調べたら、植物はサワヒヨドリか。
イナゴはイナゴと思うが、オイラのことだから勘違いも大いにあり得る。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 8月28日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雲映す鳥屋野潟

緑の滑り台

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。