サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

 おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~
池の畔、背景のハンノキが朝陽を遮り、影を作ってくれていて、
そのせいで、陽の当たったフジバカマが浮かび上がって見えてくる。
 ああ・・いいな・・いいな・・と背景が一番スッキリする角度で
アプローチを試みては、三脚を出して、画角を煮詰めていく・・・
その過程で、おや?・・となった。
 フジバカマ・・だったっけ?・・・何か、違う感じ・・?
細い葉っぱに違和感を持ったまま、三脚を固定し、水平を確認し、
ファインダーを覗いて、マニュアルでピントを合わせ、また外し・・・
 やっぱ、違うわ・・そう思いながらも名前が浮かんでこない。
本来はイナゴちゃんが主役なんだが、頭の中は植物のことだらけ。
レリーズ握った右手でピントを調整しながら、左手でレフを持って、
パシャリ、パシャリ撮り重ねていくが、三脚の雲台が貧弱で、だんだん傾く。
これではいけないと、中腰になったところで、イナゴちゃんが茎を軸に
オイラから見えない死角に回り込んでしまい、そこでthe endとなった。
 帰宅後、記憶を頼りに調べたら、植物はサワヒヨドリか。
イナゴはイナゴと思うが、オイラのことだから勘違いも大いにあり得る。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 8月28日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雲映す鳥屋野潟

緑の滑り台

関連記事

  1. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  2. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋…

  3. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  4. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  5. ダイヤをまとったナンキンハゼ

    新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ…

  6. ハンノキ いけ〜っ!

    日本列島に台風18号接近。関東では警報が発令されているのに、こちらは…

  7. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  8. ウラナミシジミ

      今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。 お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。