サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

 おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~
池の畔、背景のハンノキが朝陽を遮り、影を作ってくれていて、
そのせいで、陽の当たったフジバカマが浮かび上がって見えてくる。
 ああ・・いいな・・いいな・・と背景が一番スッキリする角度で
アプローチを試みては、三脚を出して、画角を煮詰めていく・・・
その過程で、おや?・・となった。
 フジバカマ・・だったっけ?・・・何か、違う感じ・・?
細い葉っぱに違和感を持ったまま、三脚を固定し、水平を確認し、
ファインダーを覗いて、マニュアルでピントを合わせ、また外し・・・
 やっぱ、違うわ・・そう思いながらも名前が浮かんでこない。
本来はイナゴちゃんが主役なんだが、頭の中は植物のことだらけ。
レリーズ握った右手でピントを調整しながら、左手でレフを持って、
パシャリ、パシャリ撮り重ねていくが、三脚の雲台が貧弱で、だんだん傾く。
これではいけないと、中腰になったところで、イナゴちゃんが茎を軸に
オイラから見えない死角に回り込んでしまい、そこでthe endとなった。
 帰宅後、記憶を頼りに調べたら、植物はサワヒヨドリか。
イナゴはイナゴと思うが、オイラのことだから勘違いも大いにあり得る。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 8月28日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雲映す鳥屋野潟

緑の滑り台

関連記事

  1. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

  2. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  3. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. 緑の滑り台

     辺りがプワ~と明るくなったのに、草陰で滑り台遊びに興じるヤマトシジミ。ホン…

  6. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。