サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

 おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~
池の畔、背景のハンノキが朝陽を遮り、影を作ってくれていて、
そのせいで、陽の当たったフジバカマが浮かび上がって見えてくる。
 ああ・・いいな・・いいな・・と背景が一番スッキリする角度で
アプローチを試みては、三脚を出して、画角を煮詰めていく・・・
その過程で、おや?・・となった。
 フジバカマ・・だったっけ?・・・何か、違う感じ・・?
細い葉っぱに違和感を持ったまま、三脚を固定し、水平を確認し、
ファインダーを覗いて、マニュアルでピントを合わせ、また外し・・・
 やっぱ、違うわ・・そう思いながらも名前が浮かんでこない。
本来はイナゴちゃんが主役なんだが、頭の中は植物のことだらけ。
レリーズ握った右手でピントを調整しながら、左手でレフを持って、
パシャリ、パシャリ撮り重ねていくが、三脚の雲台が貧弱で、だんだん傾く。
これではいけないと、中腰になったところで、イナゴちゃんが茎を軸に
オイラから見えない死角に回り込んでしまい、そこでthe endとなった。
 帰宅後、記憶を頼りに調べたら、植物はサワヒヨドリか。
イナゴはイナゴと思うが、オイラのことだから勘違いも大いにあり得る。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 8月28日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雲映す鳥屋野潟

緑の滑り台

関連記事

  1. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  2. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。