レモンイエロー

 陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、
目を開けようにも眩んで、そのシルエットを見失ってしまった。
「確か、あの形は蝶に見えたが・・」と、太陽を背にして回り込んで、
辺りを目索し、それが間違いなく緑の中の黄一点と確信した時は
鼓動が高鳴ってしまったが、同時に「逃げられるのではないか」という
気持ちも沸いてきて、それ以上近づけなくなった。
 朝露の中のキチョウはその色彩といい目を見張るようで、
さらに太陽の赤味を帯びた光線が薬味となって翅を照らした時は一際、
濃密なレモンイエローになって見え「なんでまた、マッ黄、黄なんでろ」と、
しばらく見入ってしまいました。
ある程度、陽が昇り蝶の顔部分を隠していた葉陰が消えるまで待ってみた。
 とまっていた植物は足元膝頭の高さであって、マメ科の植物。
カラスノエンドウと考えていたが、どうなんだろ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  8月16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

月の山のカメムシ

キアゲハ五齢幼虫

関連記事

  1. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  2. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

  6. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 犬蓼に紋黄蝶

    イヌタデにとまったモンキチョウ。イヌタデは色褪せ枯れかかって、ピンクの色素が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。