緑炎

新潟市・鳥屋野潟公園
 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮影した。
「ベニシジミは寄れば逃げられる」と思いこんでしまっていたが、
7月末に福島潟で撮影して以来、やたら近づけるようになった。
おそらくは大量発生する時期と重なったのだろうか。
 この日も、草むらの至る所、葉の上にちょこんと乗っていた。
最初は別の個体を狙っていたが、身を屈めた瞬間にバイバイされ、
未練がましく遠ざかるそいつを追い求めた先にコイツがいたのだった。
 逆光の位置から撮影しようと決めていて、太陽と挟み込む形で
近づいていったら、難なく50㎝ぐらいの距離まで寄れた。
ただ、そのまま撮せば、真っ黒クロスケ状態は目にみえていたから、
自家製のレフ板を使用したら、こんどはベニちゃんが動き出した。
よほど、レフの光りに嫌気が差したのだろう、こちらに向き直って
一瞥すると、「邪魔するんじゃねぇ~」と言わんばかりに飛び立った。
 ルーペで覗いたら葉っぱが火炎土器さながらに燃え上がっていた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5
*FBページ版とは連動させていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鉛雲

潟の細道

関連記事

  1. ビッグスワンXmas・version/UFO

    2015年12月9日(水)撮影 (題名も文面も一部変更)カナ…

  2. 散り花

    2015年5月3日(日)撮影 鳥屋野潟公園の一角。八重桜の花びらが、その役目…

  3. 燃える鳥屋野潟

    写真は5月21日、上沼橋の歩道上からの撮影。この週はもう1回、ドヒャ~とな…

  4. 落ち葉のカタチ

    葉っぱのカタチ・・何に見えるかな?葉っぱの持ち主は?…

  5. 眩しい鳥屋野潟

    写真は5月22日、リバーサルフィルム。モヤッとな朝焼けが続い…

  6. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  7. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  8. オニグルミの雌花

    2015年5月6日(水) 正午頃撮影雌雄同一株で、雄花は10…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。