緑炎

新潟市・鳥屋野潟公園
 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮影した。
「ベニシジミは寄れば逃げられる」と思いこんでしまっていたが、
7月末に福島潟で撮影して以来、やたら近づけるようになった。
おそらくは大量発生する時期と重なったのだろうか。
 この日も、草むらの至る所、葉の上にちょこんと乗っていた。
最初は別の個体を狙っていたが、身を屈めた瞬間にバイバイされ、
未練がましく遠ざかるそいつを追い求めた先にコイツがいたのだった。
 逆光の位置から撮影しようと決めていて、太陽と挟み込む形で
近づいていったら、難なく50㎝ぐらいの距離まで寄れた。
ただ、そのまま撮せば、真っ黒クロスケ状態は目にみえていたから、
自家製のレフ板を使用したら、こんどはベニちゃんが動き出した。
よほど、レフの光りに嫌気が差したのだろう、こちらに向き直って
一瞥すると、「邪魔するんじゃねぇ~」と言わんばかりに飛び立った。
 ルーペで覗いたら葉っぱが火炎土器さながらに燃え上がっていた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5
*FBページ版とは連動させていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鉛雲

潟の細道

関連記事

  1. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  2. 鳥屋野潟・減感現像

    RVP100(-1減感) Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF…

  3. 水面の目覚め

    撮影の実際穏やかな水面に朝焼けが映えて、魅せられてしまいました。目を凝ら…

  4. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  5. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  6. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 雲映す鳥屋野潟

     盆を過ぎた辺りから、朝晩は涼しくなったような気がする。早朝の潟の岸辺に立て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。