桃色雲

 コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、
湖面の向こう側へと浸食しているようで、朝焼けを映し出す水面は
日毎狭くなっていく(一週間で随分変わったものだ)。
そうとなれば、遠く山の端に目を向けるのは当然のことであって、
二王子の牛の背を正面に、ひたすら雲が焼けるのを待ってみた。
 土手の草むらに腰を下ろし(カッパズボンを履いている)、
雲が無ければ夏のオリオンが約30度の角度で横たわっているだろうとか、
右側の稜線上にはフォーマルハウトが顔を出してキラリンチョだろうな、
はたまた、道中セブンイレブンで、なぜに100円カップコーヒーを
買い求めなかったのだろう・・などと、とりとめも無いことを考えたり。
 左端がだんだん明るくなってきました。朝焼けの中心部です。
そちらにカメラを振りたい気持ちをグッと堪えて、まだ待ってみます。
ようやく、右側の雲へと染まり始めました。今回は桃色雲かな。
 赤味が薄れないギリギリまで待ってみてシャッターを押してみた。
 RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  8月11日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

舞い上がったキアゲハ

鉛雲

関連記事

  1. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  2. 冬の太陽

     時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。太陽はあらかた昇って、カメ…

  3. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  4. 夜明け後の小舟 /無断でPinterestに投稿…

    この画像および記事がブログ管理者である私の許可なくPinterestに投…

  5. 薄明光線

     暑い!昼過ぎ、会社から自転車で家に戻ってきたが、汗ダラダラ。た…

  6. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  7. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  8. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

コメント

  1. 低く垂れこめた雲が赤く焼けて、なかなか印象的な夜明けでした。
    お盆休みは好天が続いて、少々バテ気味(笑)

    •  ヘンテコな雲でした。
       この後、昇った太陽は雲に吸い込まれますが、
      暗黒星雲に呑み込まれるような光景が拡がりました。
       盆休み期間中は早朝、ちょこっと撮影した程度です。
      あとは実家の胎内市でビール飲んでは、辺りを徘徊してました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。