キアゲハ五齢幼虫

 
キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?

だったら、人目につかず、通りの往来も無い静かな場所でその時を迎えればいいのに。

出会って、きれいだ・・と思った反面、何か解せない自然のもどかしさを感じました。

駐車場の脇の草むら、それも通路に面した明るい場所で膝頭程度の高さ。

しかも、なんだか似つかわしくもない植物の茎にとまってじっとしている。

人間の目線からは草の葉が邪魔して見えないのだが、オイラのように地面に這う格好が好きな者には一目で、蝶の幼虫と認識したのでありました。

近づいて息を殺して観ていると、時折、頭部をククッと振るわせます。

尻を茎にがっちりと固定し上半身を見えそうで見えない細い糸で茎と体を結んでいて、そのせいで仰け反っても平気なのかな・・なんて思ってしまうのです。

写真は順光状態で左側斜め下からレフで光りを回している。

しかし、どうも解せない。本当にサナギになろうとしているのだろうか?

知らないうちにズボンの裾で払い落としてしまうような危うい環境なのに。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  8月16日撮影

*21日、訪問時は辺りの下草が少し無くなって、この姿もなかった。

コメント戴いてます。五齢幼虫ではなく蛹になる前の前蛹(ゼンヨウ)でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レモンイエロー

朝露とモンシロチョウ

関連記事

  1. 染まる福島潟

    新潟市・福島潟二王子岳に遮られた雲が次第に折り重なる一方で、山の端は…

  2. とにかくかわいい紋白蝶

     朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く、染まらず。そんな時は足元の蝶々…

  3. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  4. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  5. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  6. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  7. 紅露草

     昨日と違って今朝の福島潟はそれなりに赤く染まってくれました。ギャラリーはオ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. おはようございます。これは蛹になる前段階、前蛹の状態ですね。
    キアゲハはセリなどが食草なんですが、蛹になるときは適した場所を探して
    そこで蛹になります。たまたま、その場所が気に入ったのでしょう。
    背景がすっきりしているので幼虫の綺麗な姿が引きたちます。

    • くわたろうさん、コメント大いに助かります!
      前蛹(ゼンヨウ)とは・・正直、読み方さえ知りませんでした。
      ホントにありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。