草むらの中

新潟市・福島潟
 草むらを進むその一歩が葉陰の彼らを追い払っているようで立ち止まった。
それだけ足元から沸き上がっては左右に揺らいで、消えていく。
 しゃがみ込んで、彼らの世界を覗き込んでみると、実に様々な色合いだ。
綺麗な翡翠色、これまた澄んだ黄色、オレンジみたいな色合いのヤツもいる。
人の目に触れないところで、こうも美しい色彩が生まれては消えていく。
そんなことを考えていたら、だんだん頭の中がワニャワニャしてきた。
 葉先に舞い降りたイトトンボを撮ってみた。
自らも葉っぱの一部になったようなとまり方がポーズをとっているみたい。
 背景の緑も美しく、光が和らいだ頃合いに、静かにパシャリ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  7月中旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何だか嬉しいニイニイゼミ

ヤマユリ

関連記事

  1. 薄明光線

     暑い!昼過ぎ、会社から自転車で家に戻ってきたが、汗ダラダラ。た…

  2. とにかくかわいい紋白蝶

     朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く、染まらず。そんな時は足元の蝶々…

  3. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  4. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  5. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  6. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  7. 紅露草

     昨日と違って今朝の福島潟はそれなりに赤く染まってくれました。ギャラリーはオ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。