草むらの中

新潟市・福島潟
 草むらを進むその一歩が葉陰の彼らを追い払っているようで立ち止まった。
それだけ足元から沸き上がっては左右に揺らいで、消えていく。
 しゃがみ込んで、彼らの世界を覗き込んでみると、実に様々な色合いだ。
綺麗な翡翠色、これまた澄んだ黄色、オレンジみたいな色合いのヤツもいる。
人の目に触れないところで、こうも美しい色彩が生まれては消えていく。
そんなことを考えていたら、だんだん頭の中がワニャワニャしてきた。
 葉先に舞い降りたイトトンボを撮ってみた。
自らも葉っぱの一部になったようなとまり方がポーズをとっているみたい。
 背景の緑も美しく、光が和らいだ頃合いに、静かにパシャリ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  7月中旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何だか嬉しいニイニイゼミ

ヤマユリ

関連記事

  1. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  2. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  3. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  4. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  5. 光芒

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f2.8s Nik…

  6. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  7. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  8. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。