草むらの中

新潟市・福島潟
 草むらを進むその一歩が葉陰の彼らを追い払っているようで立ち止まった。
それだけ足元から沸き上がっては左右に揺らいで、消えていく。
 しゃがみ込んで、彼らの世界を覗き込んでみると、実に様々な色合いだ。
綺麗な翡翠色、これまた澄んだ黄色、オレンジみたいな色合いのヤツもいる。
人の目に触れないところで、こうも美しい色彩が生まれては消えていく。
そんなことを考えていたら、だんだん頭の中がワニャワニャしてきた。
 葉先に舞い降りたイトトンボを撮ってみた。
自らも葉っぱの一部になったようなとまり方がポーズをとっているみたい。
 背景の緑も美しく、光が和らいだ頃合いに、静かにパシャリ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  7月中旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何だか嬉しいニイニイゼミ

ヤマユリ

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  3. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  4. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角がクッキ…

  5. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  7. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  8. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。