草むらの中

新潟市・福島潟
 草むらを進むその一歩が葉陰の彼らを追い払っているようで立ち止まった。
それだけ足元から沸き上がっては左右に揺らいで、消えていく。
 しゃがみ込んで、彼らの世界を覗き込んでみると、実に様々な色合いだ。
綺麗な翡翠色、これまた澄んだ黄色、オレンジみたいな色合いのヤツもいる。
人の目に触れないところで、こうも美しい色彩が生まれては消えていく。
そんなことを考えていたら、だんだん頭の中がワニャワニャしてきた。
 葉先に舞い降りたイトトンボを撮ってみた。
自らも葉っぱの一部になったようなとまり方がポーズをとっているみたい。
 背景の緑も美しく、光が和らいだ頃合いに、静かにパシャリ。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  7月中旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何だか嬉しいニイニイゼミ

ヤマユリ

関連記事

  1. 蓮・音色を重ねる

    今年の蓮は当たり。花茎はまっすぐで端正な姿だし、第一に色が良い。…

  2. 冷たいタカアザミ

    天気痛気圧が急激に変化すると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたり、…

  3. 冬枯れの福島潟

    2015年12月20日(日)撮影 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌…

  4. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  5. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  6. 才能あり!

    俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!12日、福島潟メイン…

  7. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  8. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。