福島潟・夏の想い

新潟市・福島潟
 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがある。
太陽の強烈で直線的な陽射しに照らされて、渡る風は時にして生臭く、
お世辞にも、爽やかで心地よい涼風とは言いがたい。
とは言うものの、これはあくまで蒸し暑い午後の日のことで、
晴れた日の朝なんかは「いいんでね~の」と言わしめるだけの価値はある。
一度、そうした光景に出会うと「また見てみたい」「もっと綺麗なもの」と
なるのは人間としての性で、その傾向はカメラマンなら顕著である。
「毎度お馴染みの景色」と謙遜して人に紹介しても心の中では全く違う。
何が違うのか見ている人には分かるはずがなかろうから、
最初にそう断っておいたほうが、どんなこと言われようが平常心が保てる・・
からではないのかなと分析している。
 撮影した24日の早朝は人手が多かったような気がする。
それぞれの人たちが、それぞれの想いを込めて写真を撮り重ねていく。
 RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  7月24日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モンシロチョウの交尾

何だか嬉しいニイニイゼミ

関連記事

  1. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  2. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  3. 土筆と朝露

    2016年4月16日(土)撮影 福島潟二王子岳や五頭連峰の端がジュワ…

  4. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  5. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  6. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  7. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  8. とにかくかわいい紋白蝶

     朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く、染まらず。そんな時は足元の蝶々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。