アマガエル


カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。

雨がしとしと降り注いでいてバックからカメラを取り出すのをためらっていたが、アマガエルの美しい緑色が何とも言えず奇麗で、カメラが雨で濡れるのを承知で撮影した。

雨蛙そのものではなく光沢ある緑色に感動したのであったが、折角だから姿、形もかっこよく撮ることにした・・・・・・ところが、全くもってうまくいきません。

三脚を設置する足場がヤワでグラつき安定しない。勢い腕で三脚を押さえつけてはみたものの、今度は決めたはずのが画角がズレてくる。

仕方なく、そっとシャッターを切っているが、ブレてるね。

明るくなったものの、ISO感度100のフィルムでF4の解放1/60秒。

雨蛙は絶えず喉の辺りを小刻みに振るわせているけど、これはカメラブレだわな。

・・・そして数日後、現像が上がってきました・・・・

7枚撮影して、ほとんどがブレそのものよりもなんか前ピンな感じだ。

メンタマにピントを合わせようと集中した割にはハマリがない。

てなことで、掲載を見送ろうとしたが、時期も時期だし、緑色はきれいに発色しているし、そしてあんまり見る人いない・・・・FB版ブログとの連携だけ避けて、載っけてみた。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  たぶん7月9日午後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝陽シジミ

鳥屋野潟

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  5. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  6. とにかくかわいい紋白蝶

    朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く紅く染まらず。足元の蝶々でも…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。