アマガエル

 カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。
雨がしとしと降り注いでいてカメラをバックから取り出すのをためらったが
なんとも言えない美しい緑色に「オッ」となってしまった。
 雨蛙そのものではなく光沢ある緑色に感動したのであったが、
折角だから姿、形もかっこよく撮ることにした。
・・・・ところが、全くもってうまくいきません。
明るくなったものの、ISO感度100のフィルムでF4の解放1/60秒。
雨蛙は絶えずのどの辺りを小刻みに振るわせているから、ブレるな。
メンタマもよく見ると、オイラの次なる動きを察知している風。
・・・そして数日後、現像が上がってきました・・・・
7枚撮影して、ほとんどがブレそのものよりもなんか前ピンな感じだ。
メンタマにピントを合わせようと集中した割にはハマリがない。
 てなことで、掲載を見送ろうとしたが、時期も時期だし、
緑色はきれいに発色しているし、そしてあんまり見る人いないし・・
・・FB版ブログとの連携だけ避けて、載っけてみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  たぶん7月9日午後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝陽シジミ

鳥屋野潟

関連記事

  1. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  3. 意地悪な雲・福島潟

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと…

  4. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

  5. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  6. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

    5時過ぎに福島潟に到着。車から出た瞬間「何、この寒さ!」さっ…

  8. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。