アマガエル

 カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。
雨がしとしと降り注いでいてカメラをバックから取り出すのをためらったが
なんとも言えない美しい緑色に「オッ」となってしまった。
 雨蛙そのものではなく光沢ある緑色に感動したのであったが、
折角だから姿、形もかっこよく撮ることにした。
・・・・ところが、全くもってうまくいきません。
明るくなったものの、ISO感度100のフィルムでF4の解放1/60秒。
雨蛙は絶えずのどの辺りを小刻みに振るわせているから、ブレるな。
メンタマもよく見ると、オイラの次なる動きを察知している風。
・・・そして数日後、現像が上がってきました・・・・
7枚撮影して、ほとんどがブレそのものよりもなんか前ピンな感じだ。
メンタマにピントを合わせようと集中した割にはハマリがない。
 てなことで、掲載を見送ろうとしたが、時期も時期だし、
緑色はきれいに発色しているし、そしてあんまり見る人いないし・・
・・FB版ブログとの連携だけ避けて、載っけてみた。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  たぶん7月9日午後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝陽シジミ

鳥屋野潟

関連記事

  1. 腐敗

    炎天下の岸辺はムッとする。腐った泥水が生ぬるく、ふやけた臭気が辺りに充満…

  2. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  3. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  4. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  5. あかね雲たなびく福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF…

  6. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  7. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。