トウモロコシとジャガイモの花


今は少し落ち着いたが、この前まで夕飯時、トウモロコシがよくでた。

これでもか!というぐらい食卓に並び、あんまり好きでもないのに何気に手が伸びていつの間にかほおばっているのだった(うちは茹でるだけ)。

「あんまり好きではない」

理由は歯に挟まるからに決まっている。

もし、歯に挟まらずに食べる事が出来たなら、大好きになるのにな。

顔をニヤリとさせ、そのまま「シ~ッ」と思いっきり息を吸い込んでしまう。

そのたび、女房、娘に怖い顔されて「止めてよ~」と咎められるのだが、あの二人は歯に挟まらずニコニコと最後まで食べる事が出来るのだろうか。

歯に挟まった状態で、違和感を覚えながら食べ続けなければならないのなら、これほどまでに寂しく、悲しい食べ物は他にあるまい・・などと悟ったりする。

前述が長すぎたが、写真はよく畑に咲いていたジャガイモの花。

初夏の訪れ前に撮影したポジをルーペで覗いていたら、なんとまあ、「こんなところにも、トウモロコシが咲いていた!?」

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  新潟市内

*とみとみの新潟フォトブログFacebookページ版とは連動してません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雨に光るホトケノザ

朝焼け

関連記事

  1. 出港

    佐渡汽船『あかね』が新潟港から出港していく。だんだん小さくな…

  2. ダイハツじゃない

    おもむろに「大八車って知ってるか」と、わたくし。「知ってるよ!ダイハツの車…

  3. 小屋番する猫・にゃろめぇ~!

    なんだぁ~・・ニャロメェ~。太陽が眩しいんじゃないぞ、オレを…

  4. 秋の夕空

    暑い一日(気温34度を記録)が終わろうとしている。蒸し暑さが…

  5. 轍のむこう

    小屋番している半ノラを認めるも陽は雲の中。雲間から太陽が覗いてから猫…

  6. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  7. ブタ猫 チビタン

     子猫の頃からよく親猫が裏庭に連れてきていた。ほかに別家族の野良猫もいたがこ…

  8. “よこしま”な日没

    一瞬『日本海夕陽の森公園』という看板が見えて、車を引き返して入ってみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。