福島潟・水鏡

 放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、
その時を今か、今かと手をモミモミしながら待っていたのですが、
夜明け前の気温がガクンと下がるような雰囲気が漂ってこないのです。
頭の中では「水際や林の地表近くに霧が漂う」とイメージして
予め構図を決めていたのですが、予想は見事に外れてしまいました。
 『福島潟はいつも霧の中~』・・・有名な小説の一節をちょと変えた
原風景が理想なのですが、そう易々と姿を見せてはくれません。
その替わりなのでしょう、時間が止まった世界がそこにありました。
みなもは微動だにしません。きれいに磨き上げた鏡のようです。
 RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  福島潟2016/05/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジャガイモの花

からまる

関連記事

  1. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  2. 冬の太陽

     時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。太陽はあらかた昇って、カメ…

  3. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  4. 夜明け後の小舟 /無断でPinterestに投稿…

    この画像および記事がブログ管理者である私の許可なくPinterestに投…

  5. 澄まし顔のベニちゃん

     リオ・オリンピックで体操内村が金メダルを獲得した。「E難度技」の連続で、目…

  6. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  7. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  8. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。