福島潟・水鏡

 放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、
その時を今か、今かと手をモミモミしながら待っていたのですが、
夜明け前の気温がガクンと下がるような雰囲気が漂ってこないのです。
頭の中では「水際や林の地表近くに霧が漂う」とイメージして
予め構図を決めていたのですが、予想は見事に外れてしまいました。
 『福島潟はいつも霧の中~』・・・有名な小説の一節をちょと変えた
原風景が理想なのですが、そう易々と姿を見せてはくれません。
その替わりなのでしょう、時間が止まった世界がそこにありました。
みなもは微動だにしません。きれいに磨き上げた鏡のようです。
 RVP100 AI Nikkor 35 f/2s NikonF5  福島潟2016/05/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジャガイモの花

からまる

関連記事

  1. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  2. 枯れ蓮/Rollei Superpan 200

    Rollei Superpan 200 Ai-Nikkor 180f2.8s…

  3. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  4. グリーン・グリーン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  5. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  6. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  7. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。