水玉とツバメシジミ

 ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、
葉っぱは表面張力を失った水玉が垂れていくほど朝露がびっしり。
折れた葉っぱのてっぺんにちょこんと乗っかっているのが
絵としては気になったが、撮らずにはいられなくなった。
 カメラを左右に振って背景の抜け位置を探すのだが、
そのたびごとに動きが葉に伝わり、水玉がハラリと落ちていく。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 5月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出るかぁ~どうだぁ

ジャガイモの花

関連記事

  1. レモンイエロー

     陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  2. 蓮・音色を重ねる

    今年の蓮は当たり。花茎はまっすぐで端正な姿だし、第一に色が良い。…

  3. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影 雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ月ぶり…

  4. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  5. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  6. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

  7. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  8. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。