水玉とツバメシジミ

 ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、
葉っぱは表面張力を失った水玉が垂れていくほど朝露がびっしり。
折れた葉っぱのてっぺんにちょこんと乗っかっているのが
絵としては気になったが、撮らずにはいられなくなった。
 カメラを左右に振って背景の抜け位置を探すのだが、
そのたびごとに動きが葉に伝わり、水玉がハラリと落ちていく。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 5月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出るかぁ~どうだぁ

ジャガイモの花

関連記事

  1. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  2. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  3. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  4. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  5. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

  6. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  7. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  8. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。