水玉とツバメシジミ

 ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、
葉っぱは表面張力を失った水玉が垂れていくほど朝露がびっしり。
折れた葉っぱのてっぺんにちょこんと乗っかっているのが
絵としては気になったが、撮らずにはいられなくなった。
 カメラを左右に振って背景の抜け位置を探すのだが、
そのたびごとに動きが葉に伝わり、水玉がハラリと落ちていく。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 5月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出るかぁ~どうだぁ

ジャガイモの花

関連記事

  1. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  2. 蓮・音色を重ねる

    今年の蓮は当たり。花茎はまっすぐで端正な姿だし、第一に色が良い。…

  3. 澄まし顔のベニちゃん

     リオ・オリンピックで体操内村が金メダルを獲得した。「E難度技」の連続で、目…

  4. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  5. 霜降・雨濡れとんぼ

     現像上がりのスリーブを陽に翳してみてもピ~ンとこない。「なんだ~ぁ これ?…

  6. 夜明けの福島潟

    2015年10月12日(祝) 撮影星空ウォッチャーにとっては10月の…

  7. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  8. 冷たいタカアザミ

    天気痛気圧が急激に変化すると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたり、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。