水玉とツバメシジミ

 ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、
葉っぱは表面張力を失った水玉が垂れていくほど朝露がびっしり。
折れた葉っぱのてっぺんにちょこんと乗っかっているのが
絵としては気になったが、撮らずにはいられなくなった。
 カメラを左右に振って背景の抜け位置を探すのだが、
そのたびごとに動きが葉に伝わり、水玉がハラリと落ちていく。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 5月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

出るかぁ~どうだぁ

ジャガイモの花

関連記事

  1. 才能あり!

    俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!12日、福島潟メイン…

  2. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  3. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  4. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

  5. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  6. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  7. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。