蓮墓標

 このところ、凡ミスが多い。
昨日21日夕方は田園(たんぼ)と夕焼けやお月様を“撮影”した。
オイラなりに手応えを感じつつ、片付け作業したのであるが、
そこで初めて気づく。カメラにフィルムが入ってない事に!
NikonF5は緊急用に手動の巻き戻しクランプが付いていて、それが、
シャッターを押すたびにクィ、クィと回転するから分かりそうなもの。
それだけではない。フィルムの有り無しを確認出来る窓まで付いている。
当然、ファインダーの中では露出メーターの脇に枚数が表示される。
なのに、全く気づかなかった。オイラ、どうしたのよ。
あまりの不甲斐なさに、へなへなと座り込んでしまった。
訳が分からず、女房に連絡を入れた。「フィルム忘れた」と。
返ってきた言葉は「今、テレビいいとこなんさ。ゆっくり帰ってね」。
 そして今日はどうだ。・・ゴム長靴を忘れた。
朝露で濡れた草むらをちょこっとこいだだけで、もうグチョグチョ。
短靴の中は小っちゃなゴマみたいなものも入り込んで、
歩く度に靴の中でこすれ合い、痙り潰れ、しかもタプタプ。
 掲載写真は5月15日福島潟で朝焼けを一通り撮影したのち、
蓮池畑に移動し、まだ朝焼けの余韻が残る水面をパシャリとしたもの。
蓮の葉の赤ちゃんが所々で姿を見せ始めた一方で、
去年の名残が物言わぬ墓標のように泥沼から突き出ていました。
 RVP100 AI Micro-Nikkor105 f4/s NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

釣り糸かムチか、あのビロ~ンは一体・・

鳥達の声、響き渡る福島潟

関連記事

  1. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  2. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の様子…

  3. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  4. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  5. 露とんぼ

    2015年10月18日(日)撮影 早朝、久しぶりに福島潟の北側に足を運んでみ…

  6. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

  7. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  8. 日の出光線

    久しぶりの福島潟。西側に位置する「遊潟広場」駐車場は轍が沢山あった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。