人も植物も愛と鞭があるから成長する・浦島草をポジで撮る


浦島太郎の釣り竿から伸びた釣り糸か、それともムチとみるか。

名前の由来からして“釣り糸”と思う方が問題なさそう。

“ムチ”だと、どうしてもアチラ側の世界を想像してしまうし・・。

そんなこと考えながらファインダーを覗いては、光が弱い、背景がうるさい、三脚が大きすぎ、蚊が多い・・と不満たらたら。結局、午前と午後の二回にわけて撮影することとなった。

さて、現像が上がったものをチェックしてみると・・

アララ!午前の陽の射さない中での撮影は〝青かぶり″。画面全体が緑側に強く発色してしまっていた。午後の陽の射した中では赤味を帯びた発色で、輪郭のエッジが強すぎた。

フィルムの特性にもよるけど、なんでこんなになったかな?

掲載写真は「青かぶり」のもの。スキャン時も調整無し。

ウラシマソウ・・だよ。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

2016年5月8日撮影  新潟市『鳥屋野逆さ竹の藪』にて

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

ヨシキリの声と朝焼けと眠気眼な俺が夜明けを観ている

蓮墓標・撮影後にカメラの中にフィルムがなかった時のショックは計り知れない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む