岩鏡・ほんと【イワカガミ】と【オオイワカガミ】の区別がつかない


2016年4月22日撮影 新発田市・本田

日本海側では『オオイワカガミ』が多く見られる・・と辞書には書いてある。鋸葉が際立って、しかも大きいのが特徴とのことだが見分けがつかない。比較対象する個体を目にしてないからだ。

とは言ってもおおよその推察はつくだろう。

オオイワカガミ、コイワカガミ、イワカガミはそれぞれ生息域が微妙に異なる。

辞書に書いてある通りオオイワカガミと考えるべきか。

「名前なんか後でいいでしょう」それより「絵になる構図を考えましょう」と自分に言い聞かせファインダーの中をよくよく見ていたら花の真後ろに幹の黒い影、手前の葉の後ろに花、下部の白い丸印など写したくないものが何故かよく見えてきて、今度はシャッターが押せない。

等倍までは寄れず、ボケを多用したふんわり、やんわりアップ写真が苦手であるなら、せめてその花が咲いている雰囲気でもと、こんな構図にしてみた。

イワカガミ・・漢字で書くと『岩鏡』。映像が一気に膨らみます。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

寄り添う土筆・チュウしとる!・ポジRVP100&NikonF5

岩鏡 はかない命・撮影後に根こそぎ掘り起こされてしまった

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む