土筆と朝露

2016年4月16日(土)撮影 福島潟

二王子岳や五頭連峰の端がジュワ~ッと沸騰して太陽がボン。一面に広がる草地に朝陽が差し、扇状に光り輝きだしていく。早起き人だけが享受し得る自然のご褒美が目の前で展開されて、子供のように「ワ~ッ」と叫んでは飛び跳ねたくなった。

たっぷりと葉先にまとわりついた水滴と土筆のコラボ・・かな。

レンズは愛用のマイクロレンズ。30年以上前の代物だけど、こいつが好きで好きでたまらず、いまでも現役で使っているもんね。鏡胴の腐食防止塗装なんか職人魂を感じます。

視力の調子がいいときにはすぐにピントが合うし、そうでない時はいくらやっても不安ばかり残る(当たり前だ)。露出がハマった時はなんとも言えないとろける描写になるけど、違うときは怒り狂ったような感じにもなる(当然そうなる)。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

土筆とバッタ

花園ヨシゴイ

関連記事

  1. 夜明け後の小舟

    『夜明けの小舟』に次ぐ『夜明け後の小舟』。わずか数十分経過しただけで…

  2. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  3. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

  4. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  5. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  8. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。