土筆と朝露

2016年4月16日(土)撮影 福島潟

二王子岳や五頭連峰の端がジュワ~ッと沸騰して太陽がボン。一面に広がる草地に朝陽が差し、扇状に光り輝きだしていく。早起き人だけが享受し得る自然のご褒美が目の前で展開されて、子供のように「ワ~ッ」と叫んでは飛び跳ねたくなった。

たっぷりと葉先にまとわりついた水滴と土筆のコラボ・・かな。

レンズは愛用のマイクロレンズ。30年以上前の代物だけど、こいつが好きで好きでたまらず、いまでも現役で使っているもんね。鏡胴の腐食防止塗装なんか職人魂を感じます。

視力の調子がいいときにはすぐにピントが合うし、そうでない時はいくらやっても不安ばかり残る(当たり前だ)。露出がハマった時はなんとも言えないとろける描写になるけど、違うときは怒り狂ったような感じにもなる(当然そうなる)。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

土筆とバッタ

花園ヨシゴイ

関連記事

  1. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  2. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋…

  3. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  4. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

  5. ダイヤをまとったナンキンハゼ

    新潟では珍しいくらいの快晴になった。東京で暮らしていた頃のような真っ…

  6. ハンノキ いけ〜っ!

    日本列島に台風18号接近。関東では警報が発令されているのに、こちらは…

  7. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  8. ウラナミシジミ

      今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。 お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。