白花・葬式の花みたいなタイトルでスマン、カタクリの花ね


2016年4月12日午後撮影/関川村

カタクリ、キクザキイチゲは既にその盛りを過ぎていました。

替わって陽の当たる草地ではスミレが、木陰ではエンレイソウが咲き始めていて、また春が一歩、進んでしまった感じがします。

撮り損ねた春花を思い浮かべ、未練がましく前回撮影した白花のポイントに来てみると、遠くからでも目に付くような白い点・・・。

またしても白花。

それもあらかた仲間のカタクリが姿を消しつつある中で傍らの樹木の脇で人知れず風に揺らいでいます。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

萌える・桜の花を撮ろうとするもゴチャつく、仲間外れの君を主役に

土筆とバッタ・ポジRVP100&Ai-Micro Nikkor105f4sで撮る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む