氷の侵食

真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。

まだ、星が見える。

「このままいけー」と準備して土手にあがった。

が、夜明け近くになり、稜線上に雲が集まりだす。

かなりの冷え込みでマスクしないとだめ。

日の出近くになり急激に気温が落ちたはず。

朝焼けの替わりに「池の氷」の撮影。枯れた蓮の茎、額と絡めてみる。

「氷の模様が見栄えがし、蓮がオブジェ風」はないかな。

それにしても朝焼け狙いのカメラマン達はどこにいったのだろう。

辺りを見回したらもう誰もいない。「そして、誰もいなくなった」状態だ。

池の周りをもう一周してみると足元のハスの枝と氷に目がいった。

55ミリマクロ、F値は5.6から8。

露出は出目通りからマイナス側での撮影。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

藪の中 マユミの実・弓の材料になる木とは知らなかった

夜の竜巻ハウス 長秒撮影 ブレない工夫・ポジ&NikonF5

関連記事

  1. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micr…

  2. 蘇ったサワオグルマ

    2015年5月5日(火)撮影 久しぶりに東側の自然観察池周辺を散策してみまし…

  3. 夜明けの小舟

    夜明け前は特に好きだ。眺めるのはもちろん、読むのも好き。島崎藤村の名…

  4. 凍み渉るハンノキ

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  5. 夜が割れていく

    夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流…

  6. 福島潟 黎明・「外国の風景みたい」なんて声を聞い…

    三日月、金星、スピカ?の撮影後も湖畔で待機。上空はいつのまにか雲が消…

  7. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の…

  8. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。