氷の侵食

真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。

まだ、星が見える。

「このままいけー」と準備して土手にあがった。

が、夜明け近くになり、稜線上に雲が集まりだす。

かなりの冷え込みでマスクしないとだめ。

日の出近くになり急激に気温が落ちたはず。

朝焼けの替わりに「池の氷」の撮影。枯れた蓮の茎、額と絡めてみる。

「氷の模様が見栄えがし、蓮がオブジェ風」はないかな。

それにしても朝焼け狙いのカメラマン達はどこにいったのだろう。

辺りを見回したらもう誰もいない。「そして、誰もいなくなった」状態だ。

池の周りをもう一周してみると足元のハスの枝と氷に目がいった。

55ミリマクロ、F値は5.6から8。

露出は出目通りからマイナス側での撮影。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

藪の中 マユミの実

夜の竜巻ハウス

関連記事

  1. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  2. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  3. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  4. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  5. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  6. それぞれの福島潟

    人を配した写真はほとんど撮らないけど、均等な間隔になるのを待って撮ってみ…

  7. 天の川・霜の華

    爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れ…

  8. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。