氷の侵食

この記事は1分で読めます

 真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。

まだ、星が見える。「このままいけー」と

準備して土手にあがった。が、夜明け近くになり

稜線上に雲が集まりだす。かなりの冷え込みでマスクしないとだめ。

日の出近くになり急激に気温が落ちたはず。

 朝焼けの替わりに「池の氷」の撮影。枯れた蓮の茎、額と絡めてみる。

「氷の模様が見栄えがし、蓮がオブジェ風」はないかな。

 それにしても朝焼け狙いのカメラマン達はどこにいったのだろう。

辺りを見回したらもう誰もいない。「そして、誰もいなくなった」状態だ。

 池の周りをもう一周してみると足元のハスの枝と氷に目がいった。

55ミリマクロ、F値は5.6から8。

露出は出目通りからマイナス側での撮影。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
  2. 2019.10.26

    秋色 枯草色
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。