朝の空気

 写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。
意味は分かる。その通りと感じている。だから今でも覚えている。
でも、一人で鑑賞する場合、明確な題名なんて考えもしない。
スリーブをビュアーに載せてルーペでピントをチェックし、
目を離して全体の構図と露出のかけ具合を点検してそれでお終い。
そんなスタイルで何十年もやってきた。
だから、いまさら作品に名前を付けるのが妙に恥ずかしい。
 感じ方は人それぞれあるが、まあ、朝の写真であることはわかる。
 過去写真 初掲載(横幅580pixel)      胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶴と蔓

干潟のツルシギ(秋)

関連記事

  1. 花園ヨシゴイ

     藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。ちょう…

  2. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  3. 蓮 夏の朝

     夏の瓢湖は蓮のピンクが緑の葉に映えて美しい。遠く蒼い五頭(ごず)連峰の真上…

  4. 水芭蕉

    杉木立の中、林床の枝葉の隙間から顔を出した水芭蕉。どれも小ぶりでシミひとつな…

  5. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  6. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  7. 全面結氷した当時

    最強寒波です。この3日間は久しぶりに目を開けていられないほどの吹雪を体感し…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。