朝の空気

 写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。
意味は分かる。その通りと感じている。だから今でも覚えている。
でも、一人で鑑賞する場合、明確な題名なんて考えもしない。
スリーブをビュアーに載せてルーペでピントをチェックし、
目を離して全体の構図と露出のかけ具合を点検してそれでお終い。
そんなスタイルで何十年もやってきた。
だから、いまさら作品に名前を付けるのが妙に恥ずかしい。
 感じ方は人それぞれあるが、まあ、朝の写真であることはわかる。
 過去写真 初掲載(横幅580pixel)      胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鶴と蔓

干潟のツルシギ(秋)

関連記事

  1. 黄昏カエル

    こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。…

  2. 春色バカマ

    里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。毎年同じポイントで…

  3. raindrops

    オニユリ。ヤマユリの咲く時期はとっくに過ぎたが、替わって咲きだしたこ…

  4. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  5. 頭上の秋

    もうじき雪がやって来る窓辺に置いたラジオからそんな気象情報が…

  6. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  7. これってモノサシトンボ?

    阿賀町・たきがしら湿原 黒地に黄色でひょろ長く、胴に目盛りが付いている。モノ…

  8. 梅雨の葉

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s+y2 Nik…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。