稲の朝露

この記事は1分で読めます

 海の日、でも仕事。出勤前に田んぼの朝露の撮影。
「この時期、稲は盛んに水分を出す」。
昔、岩合さんが言っていたような。
否定はしないが目の前の水滴が稲の内部からなのか、
冷え込みによる朝露なのか区別がつかない。
一応「朝露」と表現したほうが凜として透明感がある。
 田んぼの東側は下水処理場の森が広がり、穂先に当たる朝陽はごくわずか。
そのわずかな時期が今頃だ。ほんの一角だが赤味がかった光線が差してきた。
 陽が当たる直線上にカメラを構え、出来るだけ腹ばいになる。
泥の匂いがプ~ンと臭ってきました。レンズにはあえてフレアを入れてみました。
でも逆光が強烈で目が開けられません。ピントが合っているかも疑問です。
朝露にピンを合わせたつもりだが、どうなったかな。
105マクロレンズ、F値5.6。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。