大輪菊 厚もの

「どうせなら綺麗に撮ってやれや~」

親父を知る関係者が鉢物をすだれの前に持ってきてくれた。

よく家にやって来る方だ。

「花咲く頃は気がきでね~、見せ場の時期に合わせねば駄目だもんな」

「夏場は虫くっつくし。おめさん、あれ早よ捕らねば葉っぱ駄目ならんよ」

「わがっかね~、あ~? おめさん、聞いてらんだがね~」

菊作りする人の情熱は半端でない。目が血走っている感じだ。

シャッターを押す間もず~と話し続けてくる。

写真は【大輪菊、黄色厚もの】。この後に【白色厚もの】、【管もの】と出品作を撮影していったが、この間も取り憑かれたように熱弁は続いた。

でも、これくらいの気構えでないといけないらしい・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪肌

チューリップ畑-2

関連記事

  1. 火星、火山、脳みそ・・

    またまたヘンテコなキノコを見つけた。公園の縁沿い、辺りは芝やらカタバミが生…

  2. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  3. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  4. ハッチョウトンボとGRⅢ

    RICOH・GRⅢでハッチョウトンボを狙ってみた。35㎜版換算で28…

  5. 出会いは突然に

    まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。…

  6. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  7. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

  8. 春の色/一番

    昔から、私の春一番は土筆でなくフキノトウに決まっている。コイツを見つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。