大輪菊 厚もの

「どうせなら綺麗に撮ってやれや~」

親父を知る関係者が鉢物をすだれの前に持ってきてくれた。

よく家にやって来る方だ。

「花咲く頃は気がきでね~、見せ場の時期に合わせねば駄目だもんな」

「夏場は虫くっつくし。おめさん、あれ早よ捕らねば葉っぱ駄目ならんよ」

「わがっかね~、あ~? おめさん、聞いてらんだがね~」

菊作りする人の情熱は半端でない。目が血走っている感じだ。

シャッターを押す間もず~と話し続けてくる。

写真は【大輪菊、黄色厚もの】。この後に【白色厚もの】、【管もの】と出品作を撮影していったが、この間も取り憑かれたように熱弁は続いた。

でも、これくらいの気構えでないといけないらしい・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪肌

チューリップ畑-2

関連記事

  1. 散りゆくまえに

     雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ輝い…

  2. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  3. めおと蕗

    本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市…

  4. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  5. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  6. 土筆とバッタ

    2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢 民家の裏山、四方が小高い丘に…

  7. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  8. カタクリ

    午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。カタクリは芽が出てか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。