大輪菊 厚もの


「どうせなら綺麗に撮ってやれや~」

親父を知る関係者が鉢物をすだれの前に持ってきてくれた。

よく家にやって来る方だ。

「花咲く頃は気がきでね~、見せ場の時期に合わせねば駄目だもんな」

「夏場は虫くっつくし。おめさん、あれ早よ捕らねば葉っぱ駄目ならんよ」

「わがっかね~、あ~? おめさん、聞いてらんだがね~」

菊作りする人の情熱は半端でない。目が血走っている感じだ。

シャッターを押す間もず~と話し続けてくる。

写真は【大輪菊、黄色厚もの】。この後に【白色厚もの】、【管もの】と出品作を撮影していったが、この間も取り憑かれたよう熱弁は続いた。

でも、これくらいの気構えでないといけないらしい・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪肌

チューリップ畑-2

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  5. 悪い癖

    陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. みんな帰っちゃったな・・

    昔写真仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はす…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。