大輪菊 厚もの

「どうせなら綺麗に撮ってやれや~」

親父を知る関係者が鉢物をすだれの前に持ってきてくれた。

よく家にやって来る方だ。

「花咲く頃は気がきでね~、見せ場の時期に合わせねば駄目だもんな」

「夏場は虫くっつくし。おめさん、あれ早よ捕らねば葉っぱ駄目ならんよ」

「わがっかね~、あ~? おめさん、聞いてらんだがね~」

菊作りする人の情熱は半端でない。目が血走っている感じだ。

シャッターを押す間もず~と話し続けてくる。

写真は【大輪菊、黄色厚もの】。この後に【白色厚もの】、【管もの】と出品作を撮影していったが、この間も取り憑かれたように熱弁は続いた。

でも、これくらいの気構えでないといけないらしい・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪肌

チューリップ畑-2

関連記事

  1. 自転車乗り入れ禁止マーク

    100TMX Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 NikonF36月…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. ヤッホーと微笑むスミレと落ちた男

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  5. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  6. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  7. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。