大輪菊 厚もの

「どうせなら綺麗に撮ってやれや~」

親父を知る関係者が鉢物をすだれの前に持ってきてくれた。

よく家にやって来る方だ。

「花咲く頃は気がきでね~、見せ場の時期に合わせねば駄目だもんな」

「夏場は虫くっつくし。おめさん、あれ早よ捕らねば葉っぱ駄目ならんよ」

「わがっかね~、あ~? おめさん、聞いてらんだがね~」

菊作りする人の情熱は半端でない。目が血走っている感じだ。

シャッターを押す間もず~と話し続けてくる。

写真は【大輪菊、黄色厚もの】。この後に【白色厚もの】、【管もの】と出品作を撮影していったが、この間も取り憑かれたように熱弁は続いた。

でも、これくらいの気構えでないといけないらしい・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪肌

チューリップ畑-2

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  4. 千枚通しで突き抜けて

    専門的でややっこしい話は別として、この葉っぱ、「よっしゃぁ~」ってな勢いで残…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  7. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。