冬の太陽

 時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。
太陽はあらかた昇って、カメラマンでざわついていた岸辺は
誰もいなくなり静けさを取り戻しました。
帰り間際、またもレンズを交換してもう1枚パシャリ。
*この湖畔の木はその後、土壌の浸食で倒れてしまった。
何度も撮らせてもらっただけに、かなりショック。
 RVP100 55㍉ NikonF5   福島潟にて
(撮影日記をもとに記事にしたもんね)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凍える朝

雪舞う杉木立

関連記事

  1. 夏草の中

    セスジイトトンボでしょうか、空中ですれ違いざま、雄が雌を捕まえる瞬間に出…

  2. 福島潟の夢

    ~在庫写真から~2014年12月9日撮影RVP100 AI Micro-N…

  3. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

  4. キタテハ 斬る!

    タカアザミの隠し所でお休み中の蝶は・・キタテハの秋型タイプ。雨風を凌ぎやす…

  5. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  6. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  7. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  8. 鈍色の雲沼

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増し、陽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。