冬の太陽

 時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。
太陽はあらかた昇って、カメラマンでざわついていた岸辺は
誰もいなくなり静けさを取り戻しました。
帰り間際、またもレンズを交換してもう1枚パシャリ。
*この湖畔の木はその後、土壌の浸食で倒れてしまった。
何度も撮らせてもらっただけに、かなりショック。
 RVP100 55㍉ NikonF5   福島潟にて
(撮影日記をもとに記事にしたもんね)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凍える朝

雪舞う杉木立

関連記事

  1. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  2. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  3. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  4. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

  5. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  6. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  7. 霧潟

    ギョイ・・何かの暗号かと思っていたら漢字で“御意”と書くんだな。会社で女性…

  8. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。