冬の太陽

 時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。
太陽はあらかた昇って、カメラマンでざわついていた岸辺は
誰もいなくなり静けさを取り戻しました。
帰り間際、またもレンズを交換してもう1枚パシャリ。
*この湖畔の木はその後、土壌の浸食で倒れてしまった。
何度も撮らせてもらっただけに、かなりショック。
 RVP100 55㍉ NikonF5   福島潟にて
(撮影日記をもとに記事にしたもんね)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凍える朝

雪舞う杉木立

関連記事

  1. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  2. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  3. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  4. 夜明けの幾何学

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  5. 霧潟

    ギョイ・・何かの暗号かと思っていたら漢字で“御意”と書くんだな。会社で女性…

  6. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

  7. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  8. 凍吹雪

    『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。