冬の太陽

 時系列で撮影したので,その流れに組み込んでみた。
太陽はあらかた昇って、カメラマンでざわついていた岸辺は
誰もいなくなり静けさを取り戻しました。
帰り間際、またもレンズを交換してもう1枚パシャリ。
*この湖畔の木はその後、土壌の浸食で倒れてしまった。
何度も撮らせてもらっただけに、かなりショック。
 RVP100 55㍉ NikonF5   福島潟にて
(撮影日記をもとに記事にしたもんね)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凍える朝

雪舞う杉木立

関連記事

  1. ヨシキリの声と朝焼けと

    4時前には現地についていたけど激しく眠いし、加えて何故か過去一週間の…

  2. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  3. 氷の侵食

    真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。まだ、星が見える。…

  4. 夜明け色・福島潟

    RICOH・GRⅢxなんでもRICOH・GRシリーズの宣伝文句には“都市…

  5. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

  6. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  7. からまる

    朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがな…

  8. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。