静かな夜明け

2015年12月23日(祝)撮影

すじ雲が少しずつ朱色に染まり出すと、暗かった湖面も色づいてきました。この時期にしては珍しく汚れが浮いていないのは羽繕いする水鳥達が葦原の向こう側へ移動したせいでしょうか。

冬至が過ぎ、昇る太陽の位置はこれから左へと逆戻りし、朝焼の時刻もほんの少しですが着実に早まってきます。寒さはこれからが本番ですが、幾晩か過ごすうち、春の足音に気づくことでしょう。

RVP100 35ミリF8 NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気まぐれな黄連雀

朝陽差す・眩しくてF5のファインダーの中がサッパリ判らんね

関連記事

  1. またも、土手下のエノコログサ

    2015年10月12日(祝)早朝 撮影またも、土手下のエノコログサ。…

  2. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのド…

  3. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院したら読…

  4. これもカマキリの卵なの?

    樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?福島潟周辺のハンノキ…

  5. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら…

  6. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな…

  7. 凍光

    “凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギ…

  8. 福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販…

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。