静かな夜明け

2015年12月23日(祝)撮影
 たなびいたすじ雲が少しずつ朱色に染まり出すと、
暗かった湖面も色づいてきました。
 この時期にしては珍しく汚れが浮いていないのは
羽繕いする水鳥達が葦原へと移動したせいでしょうか。
 冬至が過ぎ、昇る太陽の位置はこれから左へと逆戻りし、
朝焼の時刻もほんの少しですが着実に早まってきます。
 寒さはこれからが本番ですが、
幾晩か過ごすうち、春の足音に気づくことでしょう。
 RVP100 35ミリF8 NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気まぐれな黄連雀

朝陽差す

関連記事

  1. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  2. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  3. 眠れたかい?

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、この光…

  4. 蒼霧

    『夜明けの霧潟』の数分前の光景です。このような蒼の世界が拡がっていま…

  5. 福島潟・夜明け

    島崎藤村の『夜明け前』を読んだ人ってどれだけいるだろう。僕はホント言…

  6. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

  7. ハンノキ いけ〜っ!

     日本列島に台風18号接近。関東では警報が発令されているのに、こちらは蒸し暑…

  8. yellow tower

    以前に一度掲載した事があるが、今回は別ポジを改めてスキャンした。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。