静かな夜明け

2015年12月23日(祝)撮影
 たなびいたすじ雲が少しずつ朱色に染まり出すと、
暗かった湖面も色づいてきました。
 この時期にしては珍しく汚れが浮いていないのは
羽繕いする水鳥達が葦原へと移動したせいでしょうか。
 冬至が過ぎ、昇る太陽の位置はこれから左へと逆戻りし、
朝焼の時刻もほんの少しですが着実に早まってきます。
 寒さはこれからが本番ですが、
幾晩か過ごすうち、春の足音に気づくことでしょう。
 RVP100 35ミリF8 NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

気まぐれな黄連雀

朝陽差す

関連記事

  1. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  2. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  3. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  4. 赤の福島潟

    久しぶりの2連休で、撮影のことだけしか頭になかったが、秋の地雨でしょ…

  5. 黄色い水仙と青空

    菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空が青…

  6. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  7. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

  8. 福島潟・影ごおり

    昨夜の28日は新潟駅前のホテルで会社の新年会があった。少々早…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。