ヒメアカタテハの日光浴

2015年11月22日(日)撮影

 小春日和である。風も無く、陽射しは暖か。

おいらは靴も脱いで木道で日光浴。ついでに機材も虫干しだ。

 そんな時、陽気に誘われやって来たのがヒメアカタテハ。

見ていると小径に沿いながらも左右、上下、盛大に揺れ動いている。

その動きはどことなく“酔っ払い”を思わせる。

そのうち“酔い”が廻ってきたのか、背後の木道にぽとん。

近づいて目を凝らすと、翅がしだいに開いていき、

しまいには床にダラ~ンと広がって、動かなくなった。

「もう、どうにでもしてくれよ~」てな感じがしないでもない。

暖かな陽射しと温い木肌で眠くなってきたのかな。

 RVP100 105㍉ NikonF5   鳥屋野潟公園

*題名を「キタテハ」のまま投稿。直後に修正した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤い実とカマキリの卵

青空と白鳥

関連記事

  1. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  2. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  3. 蝶の時間

     『ゾウの時間 ネズミの時間』(中公新書・森川達雄 著)を数年ぶりに読んだ。…

  4. 東雲色の鳥屋野潟

    2015年5月1日(金)撮影 上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の…

  5. 冬の落ち葉

    吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。積雪で30センチ近くありま…

  6. ネコの“指先”

     「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」 「母さん、…

  7. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

  8. コバンソウの素顔

    朝陽に透けるコバンソウの実を撮ってみた。花が付いている個体を探したが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。