雪をかぶったサンシュユの実

午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。

大きな雪雲は通り過ぎましたが、風は予想以上にある。

雲の動きが速く、晴れては吹雪いたりを短時間で繰り返えすのです。

その度に枝という枝に絡みついた雪玉が剥がれ落ちていくのですね。

こちらの撮りたい対象を知っておきながら、わざとイタズラを楽しんでいる。

サンシュユの実は雪を被って冷たそう。

雪の白さと赤いサンシュユの実を絡めて撮ってみました。

前日からの積雪約15センチ。

林の中、枝に体が触れ雪が落ちないように慎重にポイントを探します。

RVP100 105レンズ NikonF5

*中古のハスキー三段三脚を手に入れた。この日初使用。ロックを外すとクルクルまわり過ぎ。まぁ、そのうち慣れるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬の落ち葉

その名は「マサキ」

関連記事

  1. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  2. 燃える鳥屋野潟

    写真は10月3日月曜の鳥屋野潟の朝焼けを撮ったもの。4月中旬から再開…

  3. 燃える水面

    今朝の鳥屋野潟は戸惑いましたぁ~。地上近くに雲の帯が真北から東にかけ、…

  4. みなも輝く一本道

    新潟市・鳥屋野潟「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記…

  5. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  6. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  7. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  8. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。