雪をかぶったサンシュユの実

午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。

大きな雪雲は通り過ぎましたが、風は予想以上にある。

雲の動きが速く、晴れては吹雪いたりを短時間で繰り返えすのです。

その度に枝という枝に絡みついた雪玉が剥がれ落ちていくのですね。

こちらの撮りたい対象を知っておきながら、わざとイタズラを楽しんでいる。

サンシュユの実は雪を被って冷たそう。

雪の白さと赤いサンシュユの実を絡めて撮ってみました。

前日からの積雪約15センチ。

林の中、枝に体が触れ雪が落ちないように慎重にポイントを探します。

RVP100 105レンズ NikonF5

*中古のハスキー三段三脚を手に入れた。この日初使用。ロックを外すとクルクルまわり過ぎ。まぁ、そのうち慣れるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬の落ち葉

その名は「マサキ」

関連記事

  1. 龍神雲

     ビッグスワンの紅白バージョンライトアップは外壁だけで、スタジアム内部の照明…

  2. 銀鼠・ウラギンシジミ

     遠くからその存在を認めつつも、ガムの包み紙と思っていた。近づいて、それが生…

  3. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジライ…

  4. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  5. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  6. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

  7. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  8. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。