ブタ猫 チビタン

 子猫の頃からよく親猫が裏庭に連れてきていた。
ほかに別家族の野良猫もいたがこいつだけ爪を出したことがない。
やがて一匹で姿を見せるようになると、室外機の上が定位置となった。
子供の頃は愛くるしい顔つきだったか、大きくなるにつれ、どう猛に。
その雰囲気が女房に似ていたこともあり、よく女房の名前で呼んでいた。
食事を与えないと何時までもニャ~ニャ~鳴いていて、
それでも与えないと更に大きな声でがなり立てていたから始末が悪い。
窓を閉めても聞こえてくるぐらいでそのうち自治会の回覧板で
「野良猫にエサを与えてはいけません」と記される始末になった。
 この猫、不思議なことに私たちに子供が出来てから来なくなった。
来なくなる前の寂しげな表情は今でも忘れられない。これホント。
 オイラが死んであの世でこいつと再会できたなら、
その時の気持ちを聞いてみたいと真面目に考えている。
 過去写真 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“五郎丸”とんぼ

寒雀

関連記事

  1. 小高い丘の上から・海

    新潟市の住処から北へ約18㌔。島見浜の小高い砂丘から何気に日本海を望んで…

  2. 電線に囲まれたNEXT21

    Kodak T-max100 Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 Nik…

  3. 我慢な日常・・じゃないのね

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3ずっ…

  4. モンブランとお坊さん

    街中を歩くなんて昨年までの僕には考えられないこと。人混みが嫌い、車の…

  5. 萬代橋

    地元新聞社社屋近くの河川敷から。信濃川の右岸側から古町方面を…

  6. 入港する新日本海フェリー

    Kodak Tri-X400 Ai-Nikkor 180f2.8s ED N…

  7. 潮の匂い・浮き球

    RICOH・GRⅡコロナの影響で家の中にいることが多くなった。街…

  8. 梅雨の合間の日本海

    突然ですが、「梅雨の晴れ間」と「梅雨の合間」、ホントはどっちが正しい表現…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。