福島潟の朝焼け

 4時、福島潟 蓮池側駐車場。
いつもの駐車スペースに車を止めて車中で準備。
三脚担いで土手に上がりそのまま堤を歩いて行く。
カッパ、長靴は必需品で、これが無いと前には進めない。
それだけ背丈の伸びた雑草が茂っていて、
歩くその足で朝露を拭き取っていくようなもの。
 もう夜が明け始めた。今日は稜線付近に雲は無く天頂部分に薄い雲。
湖面も鏡のよう。狙いのハンノキがそのままの姿で映し出されている。
それを55ミリで撮ることにした。上下シンメトリーでやってみよう。
F5.6で1/10から1/20と赤味が増すにつれてスピードを上げていく。
あんまりスローにするとハンノキの枝のブレが目立ってくるし・・。
 日の出直前にグワーッときた。
潟の中の林から愛くるしい野鳥のさえずりが間断なく聞こえてくる。
頭上ではヒバリが盛んに縄張りを主張している。
 人工的な音がしない夜明けもいいもんだ。
  RVP100  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初々しい 新芽

鳥屋野潟トロリンチョ

関連記事

  1. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角…

  2. 蓮墓標

     このところ、凡ミスが多い。昨日21日夕方は田園(たんぼ)と夕焼けやお月様を…

  3. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  4. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  5. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  6. 緑の滑り台

     辺りがプワ~と明るくなったのに、草陰で滑り台遊びに興じるヤマトシジミ。ホン…

  7. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“ナン…

  8. 蘇ったサワオグルマ

    2015年5月5日(火)撮影 久しぶりに東側の自然観察池周辺を散策してみまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。