福島潟の朝焼け

 4時、福島潟 蓮池側駐車場。
いつもの駐車スペースに車を止めて車中で準備。
三脚担いで土手に上がりそのまま堤を歩いて行く。
カッパ、長靴は必需品で、これが無いと前には進めない。
それだけ背丈の伸びた雑草が茂っていて、
歩くその足で朝露を拭き取っていくようなもの。
 もう夜が明け始めた。今日は稜線付近に雲は無く天頂部分に薄い雲。
湖面も鏡のよう。狙いのハンノキがそのままの姿で映し出されている。
それを55ミリで撮ることにした。上下シンメトリーでやってみよう。
F5.6で1/10から1/20と赤味が増すにつれてスピードを上げていく。
あんまりスローにするとハンノキの枝のブレが目立ってくるし・・。
 日の出直前にグワーッときた。
潟の中の林から愛くるしい野鳥のさえずりが間断なく聞こえてくる。
頭上ではヒバリが盛んに縄張りを主張している。
 人工的な音がしない夜明けもいいもんだ。
  RVP100  NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

初々しい 新芽

鳥屋野潟トロリンチョ

関連記事

  1. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  2. 霧の船着き場

     「船着き場」、「桟橋」・・どちらを選ぼうか迷ったが、大和言葉が使われた「船…

  3. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  4. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  5. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  6. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  7. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  8. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。