またも、土手下のエノコログサ

2015年10月12日(祝)早朝 撮影
 またも、土手下のエノコログサ。
9月末に掲載した『土手下のエノコログサ』は面白くなかった。
秋らしくも、なんともない。ただのアンダー画像に見えてきた。
そこでもう一度、同じアングルから。
 あんまり小細工せず、覧たままのエノコログサを撮ってみた。
あらら、単に明るくなっただけかも知れませんね。
 RVP100 28ミリ NikonF5   福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

枯れ葉でしょうか いいえキタテハです

黄花とカマキリの卵

関連記事

  1. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がな…

  2. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  3. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。額が気持…

  4. 9月の太陽

     9月に入っても残暑がきびしい。午前5時、山際が白んで夜が明けると、眠気眼の…

  5. 夜明けの福島潟

    2015年10月12日(祝) 撮影 星空ウォッチャーにとっては10月の夜空は…

  6. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない」「後…

  7. キチョウの囁き

    現像上がりのスリーブをビューアーにひろげるまでハラハラしてました。写真をか…

  8. 白鳥は内股で歩く

    大きさは僕の手の平ほど。これで水かきがあるということは白鳥でしょう。足跡の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。