元旦の朝・胎内市

RICOH・GRⅢx

RICOH・GRⅢxを手にとってみた。外観・・GRⅢと何処が違うのか?操作系・・GRⅢと一緒。バックに2台入れて持ち歩いたとして、咄嗟の撮影で「どっちがどっち?」になるんだろうなぁ。

けれども、コレはコレでいい。機種毎に外観がコロコロ変わるのは好きでない。「どっちがどっち?」になるようなら、手にするこちら側で工夫すれば良いのであって、それがまた楽しいではないか。

画角は35㎜版換算で40㎜。画角が狭いなぁ~と思ったけど、これは「GRは28㎜に決まってる!」っていう固まった考えが溶けずにいたせいだ(今は融解が始まってる)。

ま、そのうち違和感なく使い始めると思う。

どんな使い方しようか?

「カメラ突っ込み系の前ボケ利用」なんて書かれたコラムを見かけた。この撮り方、じつのところ「俺には少ないなぁ~」と感じてたから、このフレーズは効いたなぁ。ハッ!となりましたわ。

コレでいこう!

コレでいこう!・・そう言いながら、以前にフィルムで撮影していて、「デジカメだとどうかな」と思っていた被写体にカメラを向けている。

矛盾してるが、今の俺の頭の中は混沌状態なんだから。

コロナ

第6波がキタキタキタ~・・・。感染者数は前の週の2倍、3倍とうなぎ上り。

ひと頃一日の感染者数が20人を割った東京都、昨日は600人以上。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

元旦の朝・胎内市

右手カメラで左手メガネ・GRⅢx

関連記事

  1. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. たぶん『山際 藤子』のポートレート

    山藤(野藤)にしては花房が長いみたいな。でも此所は山の際。花…

  3. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  4. 雪舞う杉木立

    寺の境内に脚を踏み入れた途端、一陣の風が吹いて、枝葉にまとわりついた…

  5. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  6. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  7. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  8. 板塀と上司

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 24f2.8s+Y2 Ni…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。