Ilford HP5+をSilversalt Dev.で現像した

Ilford HP5+ Ai-Nikkor 35f2s NikonF3  14/11/2021

このフィルムを使うのも現像するのも初めてだ。

「初めて」は適度な緊張を伴う。撮影時の露出取りは自分流でよいとして、問題はフィルムの現像である。撮影後、現像液の選択に大いに悩んだ。

Silversalt Dev.にするかSilvermax Dev.にするかRodinal Dev.か、それともD-76でいくか、である。最初はSilvermax Dev.でいくつもりだった。

このフィルムはザラザラ粒子が特徴だよ・・などと聞いていて、そんなのはあんまり好きじゃないから、現像後は粒子がさほど目立たないものはどれだろうな・・そう考えると選択はコレとなった。

それでこの現像液の現像時間を調べてみた。

ボトルのラベルにHP5+の現像時間が載ってるじゃないの!希釈1+19、20℃、10分、ISO感度400と。ただし偶々他のデータを見てしまった。内容は一緒でもISO感度620の但し書きがあった。

現像液を作ってるメーカーのデータ通りやっちゃうとワンステップ分オーバーになるよということだ。どっちがどっちなんだ?余計な事考えたくないからSilversalt Dev.にした。

表記どおりISO感度400で撮影してたから。

結果

スキャンはフィルムの特性がズバッと現れるフィルム専用スキャナー。

激しいほどにエッジが立ってる。

ナントまぁ~な粒状・・(アンシャープマスクOffで)。

コレが好きな人いるんだなぁ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

第18松前丸と陸の船

美しい人

関連記事

  1. 冬の陽射し

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  2. ツワブキ

    Rollei RETRO 400S Ai-Nikkor 35f/2s Nik…

  3. 潮の匂い・浮き球

    RICOH・GRⅡコロナの影響で家の中にいることが多くなった。街…

  4. 空き地のトッキッキ

    adox chs100ⅱ ai-nikkor 180f2.8s ed nik…

  5. 水屋猫

    家主には申し訳ないが、猫の額ほどの庭にシンク?洗面台?を備えた水屋が…

  6. モーターグレーダー

    100TMX Ai-Nikkor 35f/2s+y2 NikonF3自宅…

  7. 夏の終わり

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 n…

  8. ハイキー調・ときめき橋

    昨日夕刻の『ときめき橋』。今日、この橋を娘の送迎のため2回渡…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。