イナゴ

2015年10月18日(日)昼頃撮影
 池の畔を見回っていてイナゴと遭遇。
交尾中の2匹が枯れたヨシの茎にしがみついていました。
「どうせ逃げるだろう」と思いながらも、そろりそろりと近づく私。
ところが逃げようとしない。交尾中だからでしょうか。
ただ、足音や気配を察知しているようで私から見えない位置、
つまり茎を軸に反対側にまわりこんでしまった。
それで、身体を思いっきりまわして覗きこむと、またも茎を軸に反対側へ。
それは最初にとまっていた位置で、三脚をセットした側です。
背を低くして、一旦ゆっくり後ずさりし、三脚に隠れるようにして
近づいてみると・・・ 成功・・です。
 しかしです。風が吹き止む気配がありません。
ピントを合わせたと思うとゆらりと揺れる、その繰り返しです。
 「風でうまく撮れないだろう・・ヒッ、ヒッ、ヒッ!」とオス。
「覗き見なんかするからよ」とメス。
 RVP100 105㍉ NikonF5 スポーツ公園自然観察池

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水鏡

NikonF2フォトミック

関連記事

  1. 寒波一休

    昨日の早朝の福島潟は晴れた。車の外気温が−6℃までは確認したが、明け方は更に…

  2. 一人の時間 川の流れ

    雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。とうに夜が明けて遠くから…

  3. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  4. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  5. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  6. 光の道

    私の部屋の窓からは東から北にかけての空が丸見え。夜は布団を敷いた状態…

  7. いにしえの開拓者

    “清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1…

  8. 初々しい 新芽

    午後になり陽が射し始める。入院中の女房は順調で「焼きプリン買ってきて…

コメント

  1. 写真のバッタはイナゴですね。
    大きさが写真ではわかりませんがせいぜい30mmくらいでしょう?
    トノサマバッタは遥かに大きくメスは60mmくらいになりますし、
    重いので、こんなふうにつかまっていないことが多いです。
    子供の頃はよく見かけましたが、最近はさっぱり見なくなりました。
    逆に農薬の使用量が減ったせいかイナゴは増えましたね。

      • とみとみ
      • 2015年 11月 02日

       お恥ずかしい限りです。
      イナゴより大きく見えたのでトノサマ・・と。
      考えて見れば枯れ葦を軸に90度クルッと動いて
      茎の影に素早く身を隠していたもんな。
      葦は風が吹くたび大きくたわむぐらいだし・・。
       写真の題名を少し変更します。
      大変参考になりました。ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。