浜の記憶色

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3

撮影日は今月の2日だった。あの時「夏終わったなぁ~」「今年の夏も賑わいがなかったろうになぁ~」なんてな感傷に耽りながら誰一人いない朝方の浜辺を歩いていた。

移動屋台の板袴が蒼の静寂に浮かび上がって見えてきた。

物言わず近づく私。

なんとも表現しがたい藍色の連なり。

スット~ンと落ちて、ひんやりした気分になった。

マイクロレンズを三脚にセットしてほぼ水平位置から対処している。レンズの絞り、露出取り、いろんな場面を意識して同じ構図で複数枚撮影した。

寒波

寒い。家ではエアコンを入れた。会社ではストーブを出した。

先週から秋めいて18日の月曜から一気に寒くなった。体調が季節変化についていかず怠さを感じる。朝起きるのが辛い。起きても眠い。鉛色の雲で蓋をしたような朝が多くなってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

入港する新日本海フェリー

浜の記憶色 No.2

関連記事

  1. 寂しい公園

    ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3 5月…

  2. 僕を透視する浜猫

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  3. 水一稲荷の狐様

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  4. 新川漁港

    新潟市西区新川漁港にて朝の光の中で撮影したのでした。メリハリ…

  5. 金百万 請求します

    Kodak T-max100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  6. ファンネルマーク

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  7. モンブランとお坊さん

    街中を歩くなんて昨年までの僕には考えられないこと。人混みが嫌い、車の…

  8. 青・白・黄

    娘の迎え序でに新日本海フェリー埠頭へ。小樽行きのフェリーが停泊してい…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。