枯れ葉に萌黄色・フキノトウ

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3

今まで、つまり今日30日午前5時20分頃まで鳥屋野潟の畔に立っていた。黄砂が朝焼けの朱色をより劇的に演出してくれかもしれないと思って待っていたが鳴かず飛ばず。

このところ遠く山の稜線近くに雲が溜まってる日が多く、夜がいつのまにか白んでいる。かと言って、家の中でギリギリまで寝てるわけにいかない。そうやって撮り損ねた朝焼けが幾つもある。撮り損ねた悔しさはいつまでも忘れないからね。

鳥屋野潟の近くに居る間、体が動く間(これは気力が大きく作用する)は出勤時刻が許す限り通わねば。朝焼けに限らずその場に居なければ写真は撮れないということを十分承知しているつもりだ。

フキノトウ

今季初めてのフキノトウ。3月の中旬頃に撮影している。

この周辺(滝沢地区)のフキノトウは美しい萌黄色で僕を迎えてくれる。毎年こんな色合いだから、これは土壌や水質が影響してるんじゃないかなと思ってる。

地面には落ち葉が一面に拡がっている。その下から顔を覗かせたフキノトウは薄緑色が際立って映えて見え、遠くからでもその存在を確認出来たほどだった。

枯れ茶に萌黄色のなんと美しいこと。

いつも決まってこうだから、毎年撮影に来ている。

撮影後3,4個摘まんだ。近くの清水場で洗って、ついでに水汲みし家に帰って天ぷらにして食べた。感想・・う~ん、苦すぎた。少なくとも関川村のソレとは味が全く違う。旨さは関川村だな。採ったときのフキの成長度が影響してるのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日干しベンチ

会社帰りに見た光景

関連記事

  1. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  2. 山陰は冷たいまま・霜葉

    コナラの幼木でしょうか。陽はとうに昇っているのに山陰は冷たい…

  3. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

  4. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  5. 元旦の朝・胎内市

    RICOH・GRⅢこの写真も元旦の朝に撮影してる。昨年末に『残像』と…

  6. 球根の極み

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  7. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  8. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。