枯れ葉に萌黄色・フキノトウ

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3

今まで、つまり今日30日午前5時20分頃まで鳥屋野潟の畔に立っていた。黄砂が朝焼けの朱色をより劇的に演出してくれかもしれないと思って待っていたが鳴かず飛ばず。

このところ遠く山の稜線近くに雲が溜まってる日が多く、夜がいつのまにか白んでいる。かと言って、家の中でギリギリまで寝てるわけにいかない。そうやって撮り損ねた朝焼けが幾つもある。撮り損ねた悔しさはいつまでも忘れないからね。

鳥屋野潟の近くに居る間、体が動く間(これは気力が大きく作用する)は出勤時刻が許す限り通わねば。朝焼けに限らずその場に居なければ写真は撮れないということを十分承知しているつもりだ。

フキノトウ

今季初めてのフキノトウ。3月の中旬頃に撮影している。

この周辺(滝沢地区)のフキノトウは美しい萌黄色で僕を迎えてくれる。毎年こんな色合いだから、これは土壌や水質が影響してるんじゃないかなと思ってる。

地面には落ち葉が一面に拡がっている。その下から顔を覗かせたフキノトウは薄緑色が際立って映えて見え、遠くからでもその存在を確認出来たほどだった。

枯れ茶に萌黄色のなんと美しいこと。

いつも決まってこうだから、毎年撮影に来ている。

撮影後3,4個摘まんだ。近くの清水場で洗って、ついでに水汲みし家に帰って天ぷらにして食べた。感想・・う~ん、苦すぎた。少なくとも関川村のソレとは味が全く違う。旨さは関川村だな。採ったときのフキの成長度が影響してるのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日干しベンチ

会社帰りに見た光景

関連記事

  1. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. 春待つシジュウカラ

    迎春 本年も宜しくお願いいたします。「酉年」ということで、昔…

  4. サワギキョウ

    枯れ始めたし、付近はジメジメだし、小枝や葉っぱが交差してるし・・・時…

  5. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  6. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  7. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。