泥と大地の調和

2015年9月13日(日)撮影

水と土の芸術祭2015 大矢りか氏の作品『田舟で漕ぎ出す』。

広く鳥屋野潟を見渡せる鳥屋野潟公園流れのエリアで“係留中”だ。

炎天下、木の枝を組み合わせている姿を何度も拝見していた。

そのうち枝と枝との隙間は泥壁で塗り固められ、最後に舟の中に稲。

文字通り“田舟”が出来上がっていきました。

潟の開拓は泥水との戦い。言い換えれば人間の営みは大地と水とのせめぎあいの繰り返しのなかで成り立っていったのでしょう。

植えられた稲が実り、収穫の時期を迎えようとしています。

先人たちはどんな思いで刈入れを行ったのだろうか。

潟に乗り出さんとする舟を眺めていると、いろんな思いが止めどなく頭に浮かんでは消えていきます。

写真は思い切ってタテ位置。両側をバッサリ切って実った稲穂にピントをあわせてパシャリ。

RVP100 180㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イシミカワの実

土手下のエノコログサ

関連記事

  1. 銀鼠・ウラギンシジミ

     遠くからその存在を認めつつも、ガムの包み紙と思っていた。近づいて、それが生…

  2. 6月14日の朝焼け・鳥屋野潟

    写真は先月14日、鳥屋野潟の朝焼け。Facebookの自身の…

  3. 半ベソかいた鳥屋野潟

    デジカメやスマホは死ぬまで手にしない・・と、かなりの確率で思っていたが、フィ…

  4. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  5. たぶん真冬日

    RICOH・GRⅢマスクの内側だけ蒸れちゃって、メガネが曇る。マスクを外…

  6. 不安な夜明け・鳥屋野潟

    4日、5時6分の鳥屋野潟。台風が接近している時の夜明けは、時…

  7. ゴマダラカミキリ

    2015年7月4日(土)撮影 コガネムシを撮影後、次に目にしたのがカミキリム…

  8. 雪の声

    「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。