泥と大地の調和

2015年9月13日(日)撮影

水と土の芸術祭2015 大矢りか氏の作品『田舟で漕ぎ出す』。

広く鳥屋野潟を見渡せる鳥屋野潟公園流れのエリアで“係留中”だ。

炎天下、木の枝を組み合わせている姿を何度も拝見していた。

そのうち枝と枝との隙間は泥壁で塗り固められ、最後に舟の中に稲。

文字通り“田舟”が出来上がっていきました。

潟の開拓は泥水との戦い。言い換えれば人間の営みは大地と水とのせめぎあいの繰り返しのなかで成り立っていったのでしょう。

植えられた稲が実り、収穫の時期を迎えようとしています。

先人たちはどんな思いで刈入れを行ったのだろうか。

潟に乗り出さんとする舟を眺めていると、いろんな思いが止めどなく頭に浮かんでは消えていきます。

写真は思い切ってタテ位置。両側をバッサリ切って実った稲穂にピントをあわせてパシャリ。

RVP100 180㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イシミカワの実

土手下のエノコログサ

関連記事

  1. 朝日と波紋

    6日、日曜日、早朝の鳥屋野潟。ちょうど5時頃でしょうか。思えば日の出の時刻が…

  2. 初めて見た 鳥屋野潟の朝焼け

    2012年9月5日 おそらくこの日と思うが間違ってたらゴメンナサイ。強…

  3. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日 正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎりぎりの藪…

  4. かわいらしい すももの花

    女房の入院準備前でドタバタ。気分転換に公園へ散歩に行く。…

  5. 鳥屋野潟・ミルメーク

    まるで、コーヒー牛乳みたいな色合いに染まりました。記憶が確かなら、6月6日…

  6. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  7. 雨上がりの鳥屋野潟

    福島潟へ向かう途中に雨。行き先変更で上沼橋からの鳥屋野潟を撮ることにした。「…

  8. もしかして、大スクープ!・・?

    何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。シジミチョウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。