終い花にトンボ

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3

タカアザミの終い花に枯れた感じのトンボは秋の終いを物語るのに十分な存在でした。

山の端が明るくなり、岸辺の木立の向こうからいよいよ陽が差し込んできて、それまでのじれったい気持ちを解き放つようにシャッターを刻んでいく。

一枚一枚ピントをじっくり合わせて枚数を重ねていく度に、ホッとなっていくのが判るのです。

ただですね、このトンボの左側後翅が根元から欠損してるなんて、全く知らなかった。

この構図で、途中からモノクロフィルムでも撮っていて、それはすぐに自宅で現像したのですね。乾いたネガをビュアーに載せてルーペでピントをチェックしたのです。

そしたら、アレッ?となって。

どのコマもアレっ?・・なんです。

構図や角度の違いでそう見えるだけだろう。

目を疑った・・それで「やっぱ、あるよ」と思うようにした。

でもこうして業者に依頼したリバーサルフィルムをチェックしてみたら、無いんだよね。

おかしいって。

撮影してて気が付かない・・そんなわけ・・あるのか、やっぱり。

背景の黄色い部分は陽が当たり始めた葦原。

風がちょっとあって、ピント位置に手こずって、撮影に時間がかかった。

トンボに付着していた水滴も消えて無くなっている。

あぁ~翅どこいった?

神様の悪戯なら、それはそれで許してやろう。

僕は真実が知りたいだけなんだ。

モヤモヤなままは嫌なんだね。

翅が撮影位置を変えた時にタイミング良く欠落した?

それも馬鹿な話だ。

11月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小屋番する猫

ビルを捕まえる手と此方を見てる人

関連記事

  1. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  2. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  3. タカアザミの花芽の下で

    タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。…

  4. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  5. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  6. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  7. イトトンボ・最後の1枚

     最後の最後で一番良い光が入ってきて、トンボの目玉が浮かび上がった。背中の筋…

  8. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。